【2020年1月版】WORDPRESS用360度画像 プラグインまとめ

360度画像をワードプレスで表示するプラグインをまとめてみたい。

以下の様なぐにゃりと歪んだ(Spherical)360度画像をグリグリ回せる感じで表示できるプラグインだ。

↓こんな感じで表示

なお、上の表示は、DImage 360というプラグインを使用している。

DImage 360 シンプルでおすすめ


DImage 360

シンプルで制限がなくて、一番使いやすいと思った。アップデートも、そこそこ頻繁にされている模様。

管理画面などはなく、以下のようにショートコードで直接画像URLを記載する方式。

		

WP VR – 360 Panorama and virtual tour creator for WordPress 高機能だが無料版制限あり


WPVR – Quality Virtual Tour Creator Using 360 Panorama – WordPress » RexTheme

360度画像に「ホットスポット」と呼ばれるリンクを埋め込み、次々と360度画像を渡り歩いていけるバーチャルツアーを作成できるプラグイン。

ツアーの管理画面つきで、多機能なのだが無料版は5ツアーまでしか使えない。

有料版は、1サイトあたり年間49.99ドル。

Algori 360 Image グーテンベルグ専用


Algori 360 Image 

シンプルな360度プラグインっぽいのだが、グーテンベルグ編集画面専用。360度画像専用のブロックを記事に挿入する方式だ。

私はクラシックエディタを愛用しているため、まだ試していない。

iPanorama 360 – WordPress Virtual Tour Builder 高機能だが無料版は1シーンのみ利用可

iPanorama 360 – WordPress Virtual Tour Builder

360度画像を貼り付ける空間を、球、立方体、シリンダーの3タイプから選べる。ホットスポット機能を備えた高機能プラグインっぽいが、無料版では1ツアーのみ使用可能。

theta360.com

プラグインではないが、高速サーバ上に360度画像をホスティングできて、埋め込みコードをwordpress上に貼り付けることができる。

実は、THETAで撮った画像じゃなくてもアップロード可能。


360度カメラ RICOH THETA

少々仕様が変わって「プライベート画像のアップロードは不可」「アップロードすると、必ずツイッターでツイートまたは、Facebook投稿を行う」というシバリができてしまった。

投稿専用にツイッターアカウントを作って対応するのが良さそう。

THETA SCは、充電しながら撮影もできたよ! レビューしてみました。
360度カメラ、RICOH THETA SCをゲットした。 RICOH THETA SC ちなみにTHETAは、今から買うな...

まとめ

どうやら、360度画像ビューアは、需要が少ない割にお金になるという分野っぽく、有料プラグインが主流だった。

過去、有名な無料プラグインはアップデートがされておらず、現在では使えなくなってしまったものもある。

というわけで、2020年1月現在の360度画像プラグインは、DImage 360を推しておきたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク