Poser覚書
DAZ STUDIOとPoser6比較

Poser覚書のHOMEへ

DAZ STUDIOとPoser6比較
 無料で使える英語版3Dソフト、DAZ STUDIOとPoser6を比較してみたい。

 イメージとしては、DAZ STUDIOはPoser6の基本機能を網羅している感じである。

 DAZ STUDIO、Poser6ともに出来ることは以下の通り。

  • フィギュアを読み込み、ポーズをつける
  • レンダリング(絵を描画)し、ファイルに書き出す。
  • アニメーションをレンダリングし、ファイルに書き出す。
  • 服を着せる。
  • モーフターゲット(パラメータダイアル)を調整する。
  • ライト(点光源、無限光、スポットライト)を追加・調整する。
  • 高速ビデオカードを搭載したマシンで快適操作(OPEN GL?)

操作
機能 DAZ STUDIO Poser6
アンドゥ・リドゥ(操作の取り消し・やり直し) 20回までできる 1回のみ
カメラの数 あらかじめ複数のカメラが用意されており、いくつでも追加できる あらかじめ複数のカメラが用意されており、ライブラリにカメラの追加ができる。
カメラで被写体を自動追従 カメラにPoint Atを指定する カメラに「方向を指示」を指定する
ライトで被写体を自動追従 ライトにPoint Atを指定する ライトに「方向を指示」を指定する
ポーズをつける プラグイン「Power Pose」のピン機能を使うとかなり快適。蛇の胴体のような多関節も楽に曲げられる。 連鎖解除などを駆使。若干コツがいる。IKを駆使して、手や足を正確な位置に配置できる。
インバーキネマティクス(手足の位置から関節の位置を逆計算・配置する機能) 「Power Pose」のピン機能である程度代用できる。 マニュアルでは詳しく解説されていないが、動き回る物体に手足を追随させたり、正確な位置に手足を配置することが可能。

フィギュア
機能 DAZ STUDIO Poser6
ダイナミックヘア(リアルな髪を生やす機能) なし あり(Hair Room)
ダイナミッククロス(服などをリアルにひらひらさせる機能) なし あり(Cloth Room)
関節(ボーン)をフィギュアに追加 なし あり(Setup Room)
フィギュアの一部を変形させる(マグネット) なし あり。複数設定可能。
モーフターゲット追加 なし マグネットを使ってできる。モデリングソフトで作り込んだモーフターゲットを読み込む機能もあり。

レンダリング・アニメーション
機能 DAZ STUDIO Poser6
レンダリング精度 レイトレーシング・スキャンラインを組み合わせたレンダリング。フリーウェアにしては高精度。 IBL(環境の写り込み)、リアルな影などの高精度レンダリング機能あり
アニメーション機能 あり。キーフレーム補完。View→Tabs→Timelineでタイムラインウインドウが表示される。 あり。キーフレーム補完方法が複数用意されている。
モーションブラー(ぶれたように見せる機能) なし 2Dモーションブラー、3Dモーションブラーあり。
トゥーンレンダリング Render Settingsで簡単に指定できる 若干手順が必要アニメ調にしてみる参照
歩行・走行アニメーション なし。連続したポーズを作り込む必要がある。 Walk Designerで比較的楽に作成可能
指定範囲のみのレンダリング できる できる
IBL(画像ファイルから光源を逆算し、自然なライティングをする) なし。通常のライトのみ。 あり。
環境閉塞(ふんわりしたやわらかい影を作る機能) プラグイン pwSurfaceを購入することで実現可能。(未購入のため詳細不明) あり。

扱えるファイル
機能 DAZ STUDIO Poser6
ファイルの通常読み込み Poser形式、DAZ形式(dazの独自形式) Poser形式
ファイルの通常保存 DAZ形式 Poser形式
フィギュアファイルなどのインポート(他のファイル形式の取り込み) Poser形式、WavefrontのObj形式。Obj形式読み込み時にはサイズ調整を簡単に行えるプリセットが用意されている。 DXF, 3DMF,3D STUDIO,LightWave5, Wavefront,BVH他
シーンファイルのエクスポート(他のファイル形式への書き出し) WavefrontのObj形式とbvh形式。Obj形式での書き出し時にはPoserやMaya、LightWave用のサイズ調整などを簡単に行えるプリセットが用意されている。また、プラグイン FBX Plug-in for DAZ|STUDIOを追加することで、FBX Formatでエクスポートできる。(未購入のため詳細不明) DXF, 3DMF,3D STUDIO,LightWave5, Wavefront,Viewpoint メディアプレイヤー形式,BVH他
画像ファイル書き出し jpg,png,tif,bmp jpg,png,tif,bmp,psd,pct,fpx
動画ファイル書き出し AVIファイル、連番画像ファイル AVIファイル、連番画像ファイル、Flash

その他
機能 DAZ STUDIO Poser6
日本語化 ファイル名、フォルダ名は日本語が使えるがメニューなどは全て英語。 メニューも含めて全て日本語化されている。
スクリプト機能 独自の「DAZ|Script」が使用可能。 Python
連携しやすいソフト Bryce(景観) Vue(景観)、Shade(小道具など)

DAZ STUDIOは単体ではさほど強力ではないが、プラグイン(追加ソフト)を入れまくると各機能が強化されるようだ。

 

関連:

次のDAZ STUDIOのカメラ操作


No1 Poser参考書
Poser Figure Studio
基本操作から、マテリアル、ダイナミックヘア、ダイナミッククロスまで解説されている、初級〜中級用。Poser参考書としては、一番のおすすめ


Poser6本体
Poser 6 限定キャンペーン版  Win
数量限定で、なんと\10,000。マニュアルは紙ではなくPDFとなるが、この値下げは驚異的。 その他の機能はPoser6通常版と同じ。

Poser製品・参考書情報まとめ


[Poser覚書のHOMEへ戻る] ページTOPへ

Copyright(C)全力HP. All rights reserved.