暗殺教室のシチュエーションを一言で言うと・・・

最高の先生にして、全人類の敵。
そんな設定がいいね。

少年漫画なはずなのに、オッサンも楽しく読めてしまうという。

アニメ化、映画化も納得。

毎回、とんでもなく残酷な展開になりそうで、ならないところとか、

「どうせ、めでたしめでたしになるんでしょ」と思ったら、そうでもないところとか。

絶妙に裏切ってくれるんだよなぁ。
ちゃんと時間的な終わりが設定してあるのもいい。

今日は妻が、「コンタクト買いに行ってくる。待ち時間長いから、殺せんせー貸して」といって、11巻を持っていった。

IMG_1411

次回も楽しみにしたい。

[button color=”#83CE11″ title=”暗殺教室 11巻” icon=”icon-thumbs-up” size=”big” url=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4088801946/zza-22/ref=nosim/”]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする