バイオミックス カビ 効果

バイオミックスでカビに効果ある?

うちの風呂場にはカビが生えている。

 

風呂場、といってもユニットバスだ。トイレと風呂が一緒になっている、ワンルームマンション用の小さなものである。

 

壁や、トイレのふた、トイレの水を入れるタンクなどに、黒い斑点がたくさんついている。悪魔の水玉模様、すなわちカビである。

 

例によって、公開すると苦情が出るので画像はなしだ。個人的には、そんなにひどいカビでもないんじゃないかな、とは思う。そう思いたい。ただ、カビの模様を眺めていると背中がかゆくなってくる。

 

最近はカビもシックハウス症候群の原因とか言われて騒がれているようなので、そんなものを野放しにしておく訳にはいかないのだ。

 

今回はカビが相手である。カビとるんだったら、カビキラーとかがそこいらで売ってるだろうという気もする。
まあ、今回は環境にやさしい微生物浄化剤・バイオミックスがどこまで効果があるのかを見てみることにしよう。
うちは猫が居るので、カビキラーみたいな強力そうな薬品はなるべく使いたくないのだ。

 

バイオミックスでカビ対策

 

まずはカビの強度を測るため、水で濡らしてティッシュでふき取ってみよう。

 

うむ、少しは取れるが、斑点は残ったまま。カビがすでに完全体になってしまっているんだろう。わからないが。

 

では、バイオ液を吹き付けてみよう。バイオ液は茶色くにごった泥水そのものだ。
余計汚れちゃうんじゃないかという不安も少しある。

 

けど、実験だからしょうがない。

 

私はあちこちにバイオ液をシューしてみた。
例によって、微生物たちが活動するまで少し時間がかかるため、結果は明日にでも見てみよう。

 

翌々日。実は、翌日は色々忙しくて、ほったらかしにしてしまい、翌々日になってしまったのだ。

 

実験結果

 

さて、状況はどうだ。

 

泥水っぽいバイオ液が乾き、茶色く汚れている。バイオ液が透明だったらなあ。
とにかく、バイオ液をかけたところを濡れ雑巾で拭いてみよう。

 

カビの黒い斑点はあっけなくとれる。あれ。

 

なんだか、単なる汚れが落ちるかのようにカビの斑点が次々と取れていく。
めちゃめちゃ効いている。

 

効いているのだが、あっけなさすぎて感動がない。
プロレスで片方のレスラーが一度も技を受けずに勝ってしまったような、もうちょっと苦労の後を見せてくれよ的な展開。

 

独特のカビくささも消えている。

 

ただ、効くまでに少々時間がかかるため、「もしかして、カビの匂いも気のせいだったかも」と思ってしまうのだ。
意外な落とし穴。

 

実験としては、カビがのた打ち回りながら死滅していき、死滅したカスが目に見える形で残っていたりすると最高なのだが。

 

だが、バイオミックスはそもそも真面目な環境浄化剤なので、そんなショー的なことを求めるのはよそう。よくやってくれたと言いたい。

 

まとめ
期間:3日
効果:バイオ液をカビに振りかけ、二日後に濡れ雑巾で拭いたところ、あっけなくカビが取れた。カビ臭も取れていた。

バイオミックス製品情報

バイオミックスは楽天で販売されています。

こちらに、製品情報をまとめてみましたので、よろしければご参考になさって下さい。

バイオミックスの製品情報

page top