バイオミックス 家 消臭

バイオミックスで実家のにおい消し

ゴールデンウィークということで、実家の大阪に帰ってきた。

 

実は、去年の夏も帰省していた。猫を連れて帰っていた。
猫というのは、人につかず、屋敷につく、などというだろう。

 

なんのこっちゃ。

 

つまり、あちこち連れまわしたりすると、例え飼い主が一緒でもめちゃめちゃ疲れてしまうから、
家で留守番させといた方がいい、という意味だ。多分。

 

それなのに無理やりつれて帰ったもんだから、見知らぬ場所に来て、めちゃめちゃおびえていた。
テレビの裏に引っ込んで出てこない。

 

ぷるぷる。

 

震えているようだ。

 

5時間ほどしてようやく出てきたが、ごはんを食って、また隠れてしまった。
そして、トイレがどこだかわからなかったんだろう。座布団の上でじょーっ。
そしてまたテレビの裏へ。

 

トイレはちゃんと用意してあったのだが、目を離すと座布団の上がおしっこまみれ。
計、5,6回、座布団が被害にあっていた。

 

あれから、約1年、そんなことはすっかり忘れて実家に到着する。
今回は、猫は留守番である。私1人で帰ってきたのである。

 

応接間に入り、荷物をおろして一息つく。

 

む。

 

そこには非常に嗅ぎなれた臭いがただよっていた。猫のおしっこ臭である。
さすがは猫のおしっこだけあって、1年近くたっても臭いは強烈だ。

 

両親は、鼻がおしっこ臭に対して最適化されてしまったのか、特ににおいについて言及することはなかった。
妹も一緒に住んでいるのだが、やはり特に何も言わない。

 

私の嗅覚が鋭すぎるんだろうか。この、鼻うがいで鍛えた、獣のごとき敏感な鼻が。

 

きた…と私は思った。きやがった。
実験材料が、向こうから手を振ってやってきやがった。

 

おしっこ臭に対して、無敵の効果を持つバイオミックスの実験ネタである。
バイオミックスをたくさん買いすぎて、どうしよう使い切れないぞと後悔し始めているところなのだ。

 

残念ながら、そんな状況は予想できず、バイオミックスを持ち帰るようなことはしていない。
そして今はもう、東京に戻ってきてしまっている。

 

では、バイオミックスを両親に送りつけ、試してもらうことにしよう。
どうやって切り出すかが問題だ。

 

「部屋臭いから、これで消臭してみて」とは、ちょっと言えない。いくら両親でも。
親しき仲にも礼儀ありなのである。

 

部屋の消臭剤に使ってみて、とでも言ってみようか。よし。

 

という訳で、自分の部屋以外のおしっこ臭にも試す実験を始める。

 

まずは、バイオミックスを実家に郵送だ。

 

実験開始まで若干時間がかかると思うが、続きはまた後日。

 

実家の母親に、バイオミックスを使ったかどうか聴いてみたところ、まだ使ってないという。「怖いから躊躇している」ということだ。母親は、バイオミックスに含まれる菌がもぞりもぞりと徘徊しているシーンを想像して恐怖しているそうだ。

 

私は思う。実はそれほど困ってない人に救いの手を差し伸べても、ありがた迷惑なことになりがちなのではないか。両親としては、ちょっと臭いはするけど別にいいかと思っているところに、息子から「これはいいよ〜実にいい!」とブツが送られてきても、めんどくさいもん送ってくんなよなぁと思うだけなのではないか。

 

「そのうち使う」とは言っていたが、きっと押入れの奥にしまってそのまま忘れてしまうに違いない。

 

とりあえず続くが、実験の再開は可能性が低いことを付け加えておこう。
≪続く≫

バイオミックス製品情報

バイオミックスは楽天で販売されています。

こちらに、製品情報をまとめてみましたので、よろしければご参考になさって下さい。

バイオミックスの製品情報