2006年09月11日

意外な人の昔の芸名、「槍魔栗三助」

 芸名というのは、インパクトがあったほうがいいんだと思う。

 しかし、槍魔栗三助、ひらがなで書くと、やりまくりさんすけ、というなりふり構わない芸名はどうだろう。たけし軍団の末端あたりにいそうな名前である。決してゴールデンタイムに出てこないような名前である。

広報人 矢部謙三 トリック劇場版2 公開記念講演会 

 実はこれ、生瀬勝久の昔の芸名。生瀬勝久は、「ごくせん」の教頭や、「トリック」の矢部刑事、「功名が辻」の堀尾吉晴など、仲間由紀恵主演ドラマに出ることが多い。目がギョロッとしていて、憎めない小悪党が似合う俳優さんである。「サラリーマンNEO」なんかにも出演している。

 なお、槍魔栗三助の頃の生瀬勝久は、DVD化されている「探偵!ナイトスクープ Vol3」で見ることができる。「カーネルサンダースを道頓堀から引き上げろ!」という指令を受け、本人がヘドロだらけの道頓堀に潜るのだ。若い生瀬勝久の熱い一面も見ることができる。

 さすがに、やりまくり三助のまんまではここまで活躍できなかったんだろうな。調べてみると、生瀬勝久 - Wikipediaにこんな記述が。

1988年度下半期(1988年10月~1989年3月)放送のNHK連ドラ「純ちゃんの応援歌」に出演することになったが、槍魔栗三助の芸名ではNHKの放送にふさわしいとはいえないという理由があり、芸名を本名に変更したという経緯がある。その後も槍魔栗三助として活動していたが、本格的なテレビ活動・全国進出を意識し1990年10月に生瀬勝久に完全改名、現在に至る。

なお、本人が「ロンドンハーツ」2006年7月25日放映回で語ったところでは、母親の政治活動へ悪影響を与えかねない芸名だから改名してほしいという要望があったためともいう。 余談だが、このドラマに出演した紅萬子も、同様に名前がNHKの放送にふさわしくないという事由でこれに限り「くれない·まこ」としたことがある。他にも番組ではないが、浅草キッドの玉袋筋太郎なども同様の理由でNHK出演の際は本名等になる。


 やりまくりさんすけ、たまぶくろすじたろう、あかま、うぐぇほっげほっ、たしかに発音するとまずそうなかんじだ。

 1960年10月13日生まれ、兵庫県西宮市出身。奥さんは12歳年下の元モデルさん(堀本陽子さん)。若くてキレイな奥さんである。

 そして、生瀬勝久とは - はてなダイアリーにてびっくり情報発見。

格闘ゲーム『餓狼伝説2』『餓狼伝説スペシャル』でジョー・東、ビリー・カーン、ローレンス・ブラッド、ギース・ハワードの声を演じていたのは、一部ゲームファンの間では有名。

 あの「タイガーキーッ!」「サクサクいくぜぇ~」(ジョー東)「うふぇあ~ッ」(ビリー・カーンのやられ声)は生瀬勝久だったのか!(関連情報:餓狼伝説2 - Wikipedia

 新事実を知って、私は今後も生瀬勝久から目が離せないと思った。そして、できたら功名が辻のような真面目な役ではなく、憎めない小悪党役を見てみたい。
  はてなブックマーク - 意外な人の昔の芸名、「槍魔栗三助」    この記事にTwitterでつぶやく
関連:



最近観た映画10月 次 | 前 映画評価。おすすめはトリックシリーズ
Posted by kabuki at 2006年09月11日 06:08
  はてなブックマーク - 意外な人の昔の芸名、「槍魔栗三助」    この記事にTwitterでつぶやく