2008年12月11日

IMEで漢字変換中に、ディスクアクセスされまくって待たされる

 googleの検索欄などに、キーワードを入力していると漢字変換時にやたら待たされることがある。(WindowsXP、IME2007)

 文字を入力して、スペースキーで変換…っと。

 ガッ、ガガガガッ、ガガガガッ、ガガガガガーーッ、ディスクアクセスしています!一生懸命変換していますので待って下さいね!ああ、忙しい忙しい!

 偶然、そのタイミングでウイルスバスターがウイルス検索を始めたということもないようだ。同時に動かしている重いアプリケーションも特にない。なのに、簡単な漢字変換に何秒もかかっている。

 なんか、頼みもしないのに無駄な手順を勝手に踏んでいるんじゃないのか、と思いながらも、どうしようもないので今までは大人しく手を止めて待っていた。

原因

 いろいろ調べた結果、原因は、大雑把にいうとIMEに色々使わない機能がついているせいのようだった。その中でも特にひどいのがこれだ。

  • IME2007には漢字変換時にOutlookの住所録に登録されている姓名などを優先して変換候補に表示する機能がデフォルトでオンになっている。
  • 住所録に登録が一件もないと、漢字変換のスピードが落ちる。

 参考)IT工務店 店主のつぶやき日記:(エクセルVBA2007)「IMEが遅い」を解消!

 私はOutlookは使っていない。そして、当然ながら住所録も使ってない。うむ、これは私にとってはとても無駄な機能と言えよう。そして、もしOutlookを使ってたとしても、IMEには学習機能があるのだから、いちいち住所録を参照しなくても困らないのではないのか。

 少しの便利が余計な遅さにつながっているのではないか。

対策

 IME2007で使用している辞書から、outlook関連を削除する、ということでOKのようだ。

Windowsのスタートメニューから、設定→コントロールパネルを選択
コントロールパネルが開くので、「地域と言語のオプション」をダブルクリック

地域と言語のオプションの「言語」タブをクリックし、「テキストサービスと入力言語」の「詳細」をクリック

 

「インストールされているサービス」の「Microsoft Office IME 2007」をクリック
プロパティをクリック

 

「Microsoft Office IME 2007のプロパティが開くので、「辞書/学習」タブをクリック
システム辞書から「Outlook」と名のつく辞書選択し、「削除」ボタンをクリック
確認ウインドウで「はい」を選択 

 
▲デフォルトでは、Outlook系の辞書は4つあった

 

 削除し終わったら、「OK」をクリック

効果の実感

 確かに設定後は待たされることがなくなったが、よくわからない感じ。たまたま「待ち」が発生してないだけなんじゃないの?と疑ってしまう。このまま使い続ければ、そういえば待たされなくなったかも…と思えるのかも知れない。

 まあ、とりあえずしばらく様子を見てみようと思う。


関連:



Word2007で、段落番号を設定 次 | 前 WindowsXPで、何も操作していないのに物凄い勢いでディスクアクセスランプが光る
Posted by kabuki at 2008年12月11日 10:26
  はてなブックマーク - IMEで漢字変換中に、ディスクアクセスされまくって待たされる    この記事にTwitterでつぶやく