2010年09月10日

意外に便利なWindowsキーショートカット

びろーん。


▲スタートメニュー

ときどき間違えて押して、用もないのにスタートメニューを開いてしまうWindowsキー。

単体で押すとスタートメニューが表示されるだけなのだが、他のキーと組み合わせると色々便利なことができることを知ったので簡単にまとめてみたい。

便利なWindowsキーショートカット

エクスプローラを開く
Windowsキー+E

デスクトップの表示・非表示
Windowsキー+D

「ファイル名を指定して実行」を起動
Windowsキー+R

さらに、

shell:sendtoエンター で右クリックの「送る」メニューを開く
cmdでMSDOSプロンプトを開く
notepadでメモ帳を開く

コンピュータのロック(会社のPCなど、離席時に便利)
Windowsキー+L

システムのプロパティ
Windowsキー+Pause/Break

ファイル検索
Windowsキー+F

Windows7では、さらに面白ショートカットが増えているようだ。

Windows7でのキーボードショートカット 

Windowsキー+「+」 拡大鏡

Windowsキー+Home カレントウインドウ以外を最小化


文字を選択してWindowsキー+C 漢字の再変換

Windowsのバージョンによっては、違う機能が割り当てられているかも知れない。人前でさりげなく使うと「なにそれ今のどうやったの!?」と軽く注目される…かどうかはわからないが、確かに便利なのでよく使う機能をいくつか覚えるだけでも作業効率があがるんじゃないだろうか。


関連:



Windows XPの起動時の長いディスクアクセスは、Windows Updateの履歴が溜まりすぎていたせいだった?! 次 | 前 Google ChromeやFire Foxのあまり知られていないワザ 間違えて閉じてしまったタブを再び開く
Posted by kabuki at 2010年09月10日 23:20
  はてなブックマーク - 意外に便利なWindowsキーショートカット    この記事にTwitterでつぶやく