2012年06月14日

デフォルト環境で戦い抜け Windows「ファイルを指定して実行」と「キーボードショートカット」

 職場でWindowsに詳しい同僚がいて、そいつはどんなパソコンやWindowsサーバでもちゃちゃちゃっと流れるように使いこなす。

 様子を見ていると、ほとんどスタートメニューを使っていない。キーボードショートカットと、「ファイルを指定して実行」で必要な機能を呼び出し、ちゃちゃっと作業を済ませて去っていくのだ。他人のパソコンだろうが、なんだろうが彼がひるむことはない。デフォルト環境こそ主戦場。それが彼なのだ。

 うーむ、かっこいい。今回は、本人から聞いたり、私が目で見てパクったりしたものを覚書してみたい。

 今回のは、パソコンやWindowsサーバを環境に合わせて使えるようにセットアップする作業用だ。

最低限覚えておきたい

 パソコン、Windowsサーバ設定作業等に頻出の操作。作業効率がぐんとあがる。

 機能 操作

「ファイルを指定して実行」を呼び出す

Windowsキー+R
エクスプローラ Windowsキー+E
デスクトップ表示(全ウインドウを一時的に最小化) Windowsキー+D (もう一度やると戻る)
スクリーンショット(をクリップボードにコピー) PrintScreen
コマンドプロンプト 「ファイルを指定して実行」で cmd
メモ帳 「ファイルを指定して実行」で notepad
ワードパッド 「ファイルを指定して実行」で write
リモートデスクトップ 「ファイルを指定して実行」で mstsc
ALT+TAB (ALT+SHIT+TAB 逆方向に選択) 起動しているアプリを選んで前面に


 スクリーンショットは、ワードパッドにCtrl+Vで貼り付けられる。作業の際には、これを作業記録として持ち帰ったりするのだ。

作業効率大幅アップ

機能 操作
システムプロパティ Windowsキー+Break 
ネットワーク接続 「ファイルを指定して実行」で ncpa.cpl
アプリケーションの追加と削除 「ファイルを指定して実行」で appwiz.cpl
プリンタとFAX 「ファイルを指定して実行」で control printers
ユーザアカウント 「ファイルを指定して実行」で nusrmgr.cpl
Windowsファイアウォール 「ファイルを指定して実行」で firewall.cpl
イベントビューア 「ファイルを指定して実行」で eventvwr
ログアウト 「ファイルを指定して実行」で logoff


知ってるとちょっとかっこいい


 知らなくてもそんなに支障はないけど、知っているとちょっとかっこいい…か?

機能 操作
左手でタスクマネージャを呼び出す Ctrl+Shift+Esc
クリップボードビューア 「ファイルを指定して実行」で clipbrd
ソフトウェアキーボード 「ファイルを指定して実行」で osk


 クリップボードビューアで、スクリーンショットをファイルに保存せずに確認できる。客先マシンなどで、なるべくファイル保存したくないなあというときの画面メモ替わりに。

 キーボードの一部が壊れてて、特定の文字が打てないというときに役立ったというソフトウェアキーボード。そんな特殊な状況に遭遇することはきっとないと思う。

  まあ、そんな感じ。外出先で、スマホでこの記事を見て、ふふふこんなのは常識ですよ、かちゃちゃちゃちゃーっと仕事したりしてみようと思う。


関連:



あれっ、なんか検索画面が変? ホームページが勝手にsearchnu.comに変更された! 次 | 前 google adsenseから「ポリシー違反」メールが来た場合の対応方法
Posted by kabuki at 2012年06月14日 23:20
  はてなブックマーク - デフォルト環境で戦い抜け Windows「ファイルを指定して実行」と「キーボードショートカット」    この記事にTwitterでつぶやく