2013年11月27日

「めんどくさい」の心理とは。物事を最後までやり遂げる方法

年末になると、払いすぎた税金を取り返すために、
サラリーマンは「年末調整」の書類を書く。

書きはじめたらどうってことないのだが、
なかなか書く気にならない。

「どうやったら、そういう面倒くさいことをやる気になるのか?」

答えは簡単で、「とりあえずやる」だ。

 

「いやいや、だから、やる気にならないから困ってんの」という自分に、
「じゃあ、五分でやめていいから、とにかくやってみるんだ!」と言い聞かせる。

 

何のトリックもない。本当に五分でやめていい。

 

だけど、あら不思議。5分続いた行動は、
10分、15分と続く。

 

そして、めんどうな書類作成が、終わってしまうのだ。

 

人間の心にも慣性の法則みたいなものがあるんじゃないだろうか。
「静止した状態からはなかなか動かないけど」
「動き出してしまえば、あとはラクに動かし続けられる」

 

毎回やりとげてしまうと、「五分でやめていいから」がウソっぽくなるので、
時には本当に五分でやめてみるのもいいかも知れない。

ぐうたらな私の自分操縦法をひとつ、覚書してみたところで、今回の日記を終わる。


関連:



ナニコレ簡単! 動画チュートリアルをサクッ!と作れる便利ツールいろいろ 次 | 前 kindleのPDF最適化機能がいつのまにか進化
Posted by kabuki at 2013年11月27日 19:58
  はてなブックマーク - 「めんどくさい」の心理とは。物事を最後までやり遂げる方法    この記事にTwitterでつぶやく