2014年06月22日

ナニコレ簡単! 動画チュートリアルをサクッ!と作れる便利ツールいろいろ

初めてのソフトの使い方って、文字でごちゃごちゃ書いてあるよりも、動画で「ここをクリックして…ここに名前を入れて…」って解説してあったほうが断然わかりやすい。

onepan

けど、そんな解説画像を手作りするのはとーってもめんどくさいのだ。

今回は、そういう「動画チュートリアル」みたいなのを簡単に作れるツールを調べてみた。ツールのカテゴリとしては「画面キャプチャ」「スクリーンレコーダ」「Eラーニング教材作成ツール」などなど、色々呼び方があるようだ。

いちおう、下記の機能を持っているものを前提にしよう。

  • ソフトウェアを操作している様子を動画で保存できる
  • マウスカーソルの動きを記録できる
  • マイクで喋った音声を記録できる
  • どこをクリックしたか、ひと目でわかる

これをバッチリ満たしているのが「Camtasia Studio」というソフト。なんじゃそりゃ、聞いたこともないわと思ったが、動画コンテンツを作っている人の間では結構有名らしい。というか、ほぼこれ一択みたい。

TechSmith Camtasia Studio 8 Package for Windows (アマゾン)

最安はアマゾン。英語版だったら、激安なんじゃないのと思ったが、$299(約3万円)で、ほとんど変わらなかった。チッ。

このソフトは、デスクトップやアプリに「マーカー」で線や手描きの字を入れられるってのもポイントが高い。「ここですよココ!」みたいなことを、わかりやすく示せるのだ。さすがに高いだけのことはある。

良いものなのもわかるし、そのくらいの値段はするんだろうなってことも、まあ納得できる。けど、最初はちょっとフリーウェアに近いものでやっていきたいというか、なあ。

フリーの似たようなソフト

Jing ★★

上のCamtasiaが出している、似たようなソフト。swfでの保存しかできず、かなり使いづらい。ウェブのスクリーンショットを遠隔地の人と共有するためのものらしい。地図のスクリーンショットを抜き出して、ここで待ち合わせね!みたいに使うといいらしい。ちょっと今回の目的とは違うかな。

AGデスクトップレコーダー ★★★★

独自の軽いコーデックで、本来の動作をあまり邪魔せずに録画できるフリーウェア。デフォルトでは録画は、agmという独自形式のファイルで出力され、専用のプレイヤーで中身を確認できる。そうすると加工などがしずらいので、「コーデックはwmv」「バッファリングエンコード」という設定にしておくと、使い勝手はいいかも。かなりいい。

 

Microsoft Expression Encoder 4 (無償版)

マイクロソフトが手を出したけども、そうそうに撤退(?)したツール。機能無制限のプロ版はすでにサポート終了らしい。キャプチャーとエンコーダーに分かれていて、複数のキャプチャ動画を簡易編集してオーサリングできる。プレビュー時に、たまに画面が崩れる以外は良く出来てるなぁ。

文字(キャプション)なども、オーサリング時に入れられるので、本格的なEラーニング教材が作れるかもね。

番外編

GifCam

音声は取り込めないし、主にアニメーションGIFでの出力になるけど、TwitterがアニメーションGifタイムライン埋め込みに対応したせいか、人気急上昇中のツール。ビジュアルで見せたほうがわかりやすいチュートリアルには、ものすごく効果的かも。

ただ、重くなり過ぎないように「軽量化のコツ」みたいなのを覚えたほうがいいね。

 

まあ、そんな感じ。いずれカムタジアに手を出したいが、しばらくはAGデスクトップレコーダーかなぁ。GifCamもなかなかいい。


関連:



Photoscape が3.7にアップデート! 新機能は? 不具合無い? 次 | 前 「めんどくさい」の心理とは。物事を最後までやり遂げる方法
Posted by kabuki at 2014年06月22日 19:08
  はてなブックマーク - ナニコレ簡単! 動画チュートリアルをサクッ!と作れる便利ツールいろいろ    この記事にTwitterでつぶやく