冬に足が寒くて眠れない!

冬場、足が冷える。めちゃめちゃ冷える。

靴下履いてようが、寒さが貫通して私の足に突き刺さる。

部屋に暖房が入ってるのに、足だけが寒いのだ。

足をほかほかに暖めたい!

デスクワークしてるとき、暖房をガンガンに入れると眠くなる。かといって、足が寒いまま仕事するのはイヤだ。

仕事が終わって、布団に入ってからも足が寒くて眠れない。ふとん暖め機とかないのか。

と思って、いろいろ探してみた。

寒い足を温めるグッズ集

電気靴下とかないのかな、と思っていろいろ調べてみた。

ヒーターつき靴下

私の想像した、電気靴下そのものが販売されていた。世の中の進化ってスゴイ。

★最大500円OFFクーポン♪★☆ヒーター付きソフトソックス「あんよのこたつ」SHS-04【あす楽対応】お花見の防寒対策にも♪※SMサイズは1月下旬入荷予定。

ヒーターが内蔵されていて、靴下全体があったまる。充電は最大9時間保ち、500回の充電に耐える。

欠点は、1万円以上することと、連続使用すると靴下部分が擦れて普通にやぶけることだ。

とっても素晴らしいアイテムだけど、普段使いするには、布部分の耐久力が不安。

似た製品で、トゥーウォーマーというものがあった。


☆【KOMINE】コミネ AK-337 エレクトリックトゥーウォーマー 本体のみ 【電源別売り】 AK-337 Electric Toe Warmer 靴下 くつした 冬用 ウインター防寒 保温 寒さ対策 アンクル 足首 保護 電気カイロ   つま先【バイク用品】

こちらは、靴下着用前提で、つま先部分だけ電気で温めてくれる。バイクに乗る人用だが、こちらも値段が高い。

電気靴下自体の弱点として、靴の中の足ムレが加速するので、足の匂いが気になりそう。

  • メリット
    • 足をピンポイントで暖められる
    • 周りにも気づかれにくい
  • デメリット
    • 靴下部分の耐久性
    • 値段が高い
    • 温まった足の臭い

発熱靴下


【累積販売3万個以上】【メール便、送料無料】あったか〜!しっとり!発熱靴下3足セット★あったかグッズ、保温・足浴・発熱・吸温、防寒、発熱、【1000円ポッキリ】

こちらは、電気を使わない暖かい靴下。ウェットスーツの素材が使われていて、人間の体温を靴下内に封じ込め、暖かくなるのだ。

靴下の上から履く前提なので、外出時には脱いでしまえば足ムレが気にならない。

値段は3足千円で、安い靴下なみの値段だ。

  • メリット
    • 靴下の上から履くだけ、お手軽
    • 目立たない
    • 安い
  • デメリット
    • これで満足できるなら、靴下二重履きでもいいかも?

足元あったかウォーマー

昔でいうところの「電気あんか」だ。足ごたつという言い方もあるかも知れない。


【エコパラダイス】【送料無料】足元あったかウォーマー レッド/ブラウン自宅やオフィスで重宝する電気式ウォーマーAC電源 冷え性 リラックス 暖かい H40022

ばっちり足を温めてくれそうだ。2つ買って、もう一方には手を入れて温めることもできる。

末端冷え性の救世主的なアイテム。

欠点は、電気代がかかりそうってことと、だんだん足の臭いでくさくなりそうな点。

  • メリット
    • 足ほっかほか
    • 本体値段が安い
  • デメリット
    • 電気代かかる
    • 温まった足の臭い

電気湯たんぽ


湯たんぽ ECO−TANPO エコロジー湯たんぽ フリースカバータイプ 充電式湯たんぽ 送料無料 充電 コードレス 蓄熱式 ゆたんぽ 足 オフィス ギフト プレゼント ぬくぬく 充電式エコ 足元 お腹 暖房器具

湯たんぽなんだけど、コンセントにつなぐと温かくなる。しかも、15分で暖かくなる。

本体は安く、それでいて充電15分なので電気代も安い。

水を扱う湯たんぽを電気につなぐ点で、漏電とか感電が心配と言えば、心配。

  • メリット
    • お手軽
    • 布団も暖められる
    • 電気代も節約できる
  • デメリット
    • 感電、漏電が心配

やわらか湯たんぽ

電気を使わない湯たんぽで、素材がやわらかい素材でできている。

冷え性でお悩みの方へ健康館のやわらか湯たんぽ
【健康館限定】やわらか湯たんぽ温美シリーズ

↑ ウェットスーツ素材でできている。金属製と違って、低温やけどしにくいのがポイント。

上で紹介した靴下もそうだが、ウェットスーツ素材は保温に優れているということだろう。

値段は、普通の金属湯たんぽよりお高め。


Fashy ファシー 湯たんぽ Fleece cover with hot water bottle 2.0L フリースカバー付き 湯たんぽ 6530

↑ こちらはプラスチック(PVC)で出来ていて、軟らかい。感触は、弾力のないゴムという感じ。

低温やけどしにくく、値段も安い。ただし、保温力はウェットスーツ素材より劣ると思う。

容量2リットルと書いてあって、えっ!?そんなにお湯入れるの?と思ったが、実際に入れるお湯の量は1リットル程度なのだそうだ。

会社勤めの人だったら、給湯室でお湯だけ入れて、オフィスで温まるのに使うのも良いかも知れない。

  • メリット
    • 電気代かからない
    • お湯があれば、どこでも使える
    • オフィスで使っても、それほどおかしくない
    • 布団も暖められる
  • デメリット
    • 湯を沸かして入れるのが面倒

まとめ

今の私は、やわらか湯たんぽに、かなりの比重で傾いている。

購入したら、体験談を追記することにして、今回の日記を終わる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク