ハリーポッターが、延々屁をこきつづける映画に出演

「やばいって、絶対怒られるって」

とか、思いながら主役オファーしたんじゃないかと思う。

ハリーポッター役でおなじみのダニエル・ラドクリフさんが、変わった映画の主役やってた。

ひとことで言うと、死体がずっと屁をこいてる映画。

この映画の恐ろしいところは、屁を低レベルなギャグではなく、人間同士の友情とか愛を描くために使っているところ。

気は確かか。

主役オファーの様子を勝手に想像してみよう。

ダニエル「主役ですかありがたい。ポッターのイメージを払拭したいと思っていました」

ダニエル「ところで、どんな役ですか」

監督「それがその…最初から終わりまでずっと屁をこいている死体の役です」

「ずっと屁をこき続けている死体の役は、あなたしか考えられない」

どんな口説き文句も、ダニエルさんを怒らせる予感しかしない。

だが、映画を見終わった今なら言える。

ずっと屁をこいてる死体なんですがね…

あるときは、屁で笑わせ、ある時は、炎をまとってかっこよく屁をこき…

しまいにゃ、屁で全員号泣させるんですよ。

たぶん、そんな口説き文句。ハリーポッターもいちころだと思う。

ちなみに私は、不覚にも屁で泣かされた。

リアルな屁の音が常にブーブー鳴ってる。下ネタ色も強め。

間違っても食事中に見るもんじゃないと思う。

「スイス・アーミー・マン」の動画視聴・あらすじ 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク