血糖値ダイエットって、本当にできるの?

ハードな食事制限でもなく、ハードな運動でもなく、

血糖値を気にして食事をするだけで、ダイエットができてしまうという。

血糖値とダイエットって、関係あんの?

血糖値は、血に含まれる糖分の量でしょ。甘いもん食いまくったら上がりそうだけど、それって結局、「甘いモノを控えましょう」ってことになるんじゃないの?

調べてみた。

微妙に違うっぽい。

人間、フツーに食事をしていると、血糖値が「ガン!」と上がるタイミングがある。

人間の体は、「血糖値ガン!」(専門用語で、血糖値スパイク)が来たら、

「栄養が大量にきた!飢えに備えて、脂肪にして溜め込んどけ!)と命令を出すのだそう。

いやいや、備えなくていい。そうそう餓死とかしないから。

でも、もう、人間の体ってそうなってるのでしょうがない。

そこで、血糖値が急上昇しないようにして、「脂肪貯めとけスイッチ」がオンにならないように気をつけるのだ。

血糖値を上げない方法は?

具体的に、血糖値を上げないようにするにはどうすればいいんだろう?

血糖値は、血液検査をしないとわからないので、そうそう頻繁には調べられない(近い将来、目の毛細血管などからセンサーで判定する血糖値チェッカーができる…という話はある)

だけど、食べ方を工夫することで血糖値をコントロールできることがわかっているのだ。

それは、単品で糖質(炭水化物)を摂らないようにすること。

野菜とか、タンパク質とか、油とかを胃に入れてから、炭水化物(ごはん)を食べるのだ。

すると、胃の中には炭水化物以外がごちゃごちゃっと入っている状態になり、炭水化物を消化→血液中に取り込むのに時間がかかる。

これは「食べ順ダイエット」とか呼ばれている。野菜、肉を先に食べ、炭水化物をあとから食べるのだ。

結果、血糖値がじわじわとあがっていき、「脂肪貯めとけスイッチ」がオンにならないのだ。

比較的簡単だけど、腹ペコ状態の時にご飯に塩からいおかずを乗っけてガフガフ食いたい衝動には、負けそうになる。

だから、ちまちまと間食をして、腹ペコ状態を作らないのも重要なのだそう。

血糖値自体を上がりにくくするサプリもある。

けどまあ、最初は単純に食べ順ダイエットで体重の増減を記録するのが良いだろう。

このダイエットは、腹ペコにならないように工夫する必要があるので、常に何かをもぐもぐ食っていればいいってことだな。

よし、得意だそういうの。

塩なしの焼きアーモンドとかがいいらしい。ポリポリ食ってればいいんだな。

アーモンドを食う、という箇所だけしか頭に残ってない気もするけど、あせらずゆっくり血糖値ダイエットをやっていこうと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク