ピロリ菌の食事療法? サッカーの長友選手も愛用しているマヌカハニーとは?

テレビでピロリ菌の特集をやっていた。ぼーっと見ていた。

カワイイ名前のくせに、胃がんに発展する可能性がある、やっかいな菌だそうだ。

でも、1週間ほど「除菌」すれば、9割以上は除去できるらしい。

へー、そうなの。覚えとこ。

でもさ、「おっ、ピロリ菌に感染したかも?」って自覚できるもんなのか?

ピロリ菌の自覚症状

武田薬品工業のサイトによると…

ピロリ菌には多くの場合、子供の頃に感染すると言われています。ピロリ菌に感染すると、胃に炎症を起こすことが確認されていますが、ほとんどの人は自覚症状はありません。
http://www.pylori-story.jp/disease/disease/gastritis/

ないんかーい!

でもまあ、大人にはほとんど感染しないらしい。いやいや、でも、子供の頃にすでに感染してるかもしんないし。うーん、うーん。

病院で検査すればいいのか?うーん…メンドクサイ。

ピロリ菌の食事療法

病院行きたくない私に、ちょっとだけ耳寄りな情報。

食事療法があるらしい。それは、マヌカハニーとかいう、特殊はちみつ。

通常のはちみつとくらべて、ケタ違いな抗菌力があるらしい。

ニュージーランドの専門家によると、マヌカハニーがピロリ菌を殺すのだとか。

サッカーの長友選手も、体調管理の一環でマヌカハニーを愛用していると雑誌(ターザン)に書いてあった。

ちなみに、長友選手が愛用しているのはひと瓶4万円もするマジモンのマヌカハニー。ストロングマヌカハニーというものなのだそう。

 ストロングマヌカハニー

こんな高いはちみつなのに、完売しまくってる…

ちなみに、長友選手が風邪気味のときに飲む非常用のマヌカハニーは、MGOR1100+という、最強のなかの最強濃度のマヌカハニーなのだそう。

ふだんからコレを飲むと、免疫力が低下してしまうので常用はしないほうがいいらしい。人体の、必要な菌まで殺しちゃうのかな。

普段飲みするなら、MGOR500+が、いいらしいが、今見たら完売だった。ナンダヨ!

マヌカを飲むか、のマヌカ、悩む。

と、おっさんのダジャレが決まったところで、今回の日記を終わる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする