赤い悪魔 Nybras - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般

赤い悪魔 Nybras

  プラチナクラブ ボーナスでもらった、Nybrasボーナスパックの中では、目を引く物の一つと言えよう。

 付属物は以下のとおり。

  • フィギュア
    • Nybras本体 手足のインバースキネマティクス設定入りと、JCM(手足の曲げ時に筋肉の盛り上がりが出来る)設定入りの2種類
  • ポーズ
    • つの、翼のオン・オフ、低解像度テクスチャ適用MATなど
    • 悪魔ポーズ5種類

 インバースキネマティクスは、手足の先に連動して根元のパーツが自動的に曲がるというやつだ。JCMは、Joint Control Morphの略だろうか。関節をきれいに曲げるためのモーフターゲットが仕込まれていて、ひじを曲げるときなんかに筋肉がむきょっと盛り上がるリアルな様子を再現しているのだという。どうも凄いことのようなのだが素人目には、ふうんそうなの、という程度である。

 また、フルボディモーフには、しっぽまげ用のパラメータが用意されていて、値を指定するだけでなめらかに曲げることが出来る。蛇状のフィギュアは、関節をひとつひとつ曲げなくてはならないのでめんどうなのだが、これはなかなか画期的な仕組みなのではないか。他には、頭をでかくするというなぞの面白パラメータも用意されているのだった。

 
▲2種類のフィギュアが付属


▲MATポーズ。テクスチャ張替えのほか、つのや翼のオン・オフが可能


▲悪魔にしてはおとなしめのポーズが付属

 このフィギュアはでかい。Aiko3.0などと比べると1.5倍くらいある。さすがは悪魔だ。


▲悪魔はでかい

 なお、Nybrasはベースフィギュアという扱いのようでNybras拡張パックが色々とリリースされている。とりあえずゲットするとしたら、Nybras Expansionだろうか。高解像度テクスチャと多数のモーフターゲットのパックで、顔つきや体つき、ツノの形状までもカスタマイズできるようになる。


▲座ると意外とコンパクト

 悪魔はつのとつばさがないと、迫力にかけるんだなと小さな新発見をしつつ、今回の覚書を終わる。




Nybras

 赤い悪魔のベースフィギュア。低解像度テクスチャといくつかのモーフターゲットが仕込まれている。拡張パックNybras Expansionを追加すると、高解像度テクスチャで顔つき、体つきのカスタマイズが楽しめる。


 

関連:
Aiko3.0フィギュア紹介
フルボディモーフでデブキャラやせキャラを作る
DAZ3D プラチナクラブに入会してみる

次のひも靴セット DAZ3D Dress Shoeへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般 もくじ