ベネッセから500円送られてきた!

「あーあ、うちも500円ほしーなー」

ベネッセコーポレーションが顧客情報流失した騒ぎの謝罪として、情報が漏れた人に500円送っている。

それを知った強欲な妻は、そうつぶやいていた。

「うちは関係ないっしょ。進研ゼミとか買ってないし」
「ぶー」

どこかでブタが鳴いたかと思ったら、妻が「あたし、ふくれちゃってるぞ!」という演技をしている音だった。

よせばいいのに「ブタが鳴いてるよ」と言ったら、右肩甲骨のあたりを掌底で強打された。痛い。

翌日、
ベネッセコーポレーションから、「情報流出してごめんなさい。500円あげる」という、書類が届いてた。

20141017122005

昨日のひとりごと、聞かれてたんじゃないのか。
なんと恐ろしい、強欲のカン。

妻は驚きながらも、中身を読み、私に中身を確認してくれと渡してきた。

これは、「最終的にアンタが見たんだから、何かあったらアンタのせいだから。私悪くないから」という、前ふりである。

大丈夫、何かあったら適当にごまかすし、「そうだっけ、忘れたー」と答える準備もできている。

それはともかく、中には、500円が電子マネーやポイントなどに交換できる「コード」が書かれてた。

情報の値段は500円

昔、ソフトバンクが情報流出したときは、たしか、現金書留とかで500円送られてきた気がする。そこから、「情報流出したら、500円払えば許してもらえる」という流れが出来たのかもしれない。

だが、ベネッセは「あわよくば支払う金額を減らしたい」と考える邪悪な企業かも。

  • 期限は12月15日までだから
  • それまでに換金しないと、お金払わないから
  • 500円は、偽善団体に寄付することもできるよ(ベネッセの名義でね♪)

いやー、これは、世の中の主婦が怒りそうだねぇ。

500円を手に入れる方法はわかりにくく、10分ほどかけて、なんとか妻のnanacoカードに500円チャージできた。

これ、めんどくさくて途中で挫折する人も出てくるんじゃないかなー。

と一瞬思ったけども、強欲な妻は、思いがけず500円もらったので上機嫌だった。

まあいいか。実害も出てないし。

妻は不謹慎にも「また流出しないかなー」なんて思っているのかも知れない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする