怒りやすい人ほどお金が貯まる、恐ろしい貯金方法 イライラ貯金

身の回りに、イライラする人がいる!チョーむかつく!っていう人に最適な貯金方法がある。

イライラ貯金である。

あなたの身近のXさんが、イライラの元だったとしよう。なぜXさんは、こうまで人をイライラさせるのか。非常識な!おととい来やがれ!

と、あなたがXさんに腹を立てたら、100円貯金するのだ。

ただ、100円を払うのはXさんではない。あなたが支払うのだ。

迷惑をこうむった側が罰金を支払う画期的な方法

は?何言っちゃってんの?と思うかも知れないが、まあ試してみて欲しい。

空き缶でもビンでも、100円ショップで買った貯金箱でもいいから、貯金箱を置いてスタート。

イライラしたら100円入れる。

するとどうだろう、100円入れた瞬間に、怒りがフワッと薄まるのだ。なんだこれ?

しばらくして、「思い出し怒り」したら、もう100円入れる。

この貯金方法により、怒りがたまらず、お金がたまるのだ!

(うまいこと言ってやったぜ!)

なぜ怒りが薄まる?

100円入れたことで、いったん怒りに区切りがつくってことなんじゃないだろうか。

すっごく頭にきたときは、100円、100円、100円…と貯金がたまっていき、

一日で1,000円くらいたまったりする。

おそらく、「すっごい腹立つ!」という感情が「すげえ、もう1,000円貯まった」という感情に負けるからじゃないだろうか。

しかも「腹立つ」は、すでに頭のなかにしかないのに比べ、
100円入れるという行動をともなう「1,000円たまった」は、

精神への影響も強いのだろう。

人は怒りながら喜ぶことは出来ない、という単純な原理を利用した貯金法であり、怒り発散方法だと思う。

あー、おれ、イラチ(関西の言葉で、しょっちゅうイライラしている人の意)だなーって思うあなたは、試してみるといいんじゃないだろうか。

image
猫の貯金箱

どうせ貯金箱置くなら、こういう貯金箱もいいかな…。もうちょっとリアル調でもいいけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする