怖っ!?ってくらいニオイが消える消臭スプレー 猫のオシッコ臭まで一撃

以前から、猫のオシッコ臭にはバイオミックスを愛用していたのだが、それを上回るやつが現れた。
参考)バイオミックス実験室

バイオミックスは、時間をかけて消臭する微生物入りの粉(水で溶いて使う)だった。

が、こいつはこーゆースプレータイプ。

pict1231

こーゆう、なんの変哲もないビジュアル(これは携帯用の小さいやつ)のスプレーだ。

面白いことに、こいつの実力を実験できる「実験セット」がついているのだ。

くっさいアンモニアを一撃消臭する実験

「実験セット」には、布と、実験用アンモニアと、ジップロックの袋がついてる。

pict1225

布にアンモニアつけてから消臭してみなさいよ、という意図らしい。

ジップロックがついてるのは、あまりのアンモニア臭さが部屋に移ると大変だからってことのようだ。

いいだろう、実験と聞いては黙っていられない。実験してやろうではないか。

えー、まず袋に布を入れた状態で、中に付属のアンモニアをシュッと。

取扱注意のアンモニア

取扱注意のアンモニア

どれ、どんなニオイかな~。

20151103033427

ものすごく強烈な刺激臭を嗅ぐと、人間はそのような声を出す。少なくとも、私はそう叫んだ。

す、すごいニオイだアンモニア…。
猫のオシッコ臭がぬるく思えてきやがる。

こんなニオイに汚染された布が生き返ることなど、ありえない。

これは予想だが、スプレーすると多少はニオイが和らいで、「ほらけっこう効いたでしょ」みたいな感じで、めでたしめでたしとなるのではないか。

消臭スプレーを、刺激臭渦巻くジップロックの袋の中にシュッした。
本当は袋に手を入れるのもイヤだったが、仕方なくやった。

その結果。

大の大人が叫ぶほどのアンモニア臭は消えたのか?

袋の中のニオイを嗅いだ私は叫んでいた。

20151103034016

人間は、予想外過ぎることが起こると、なんだか怒りが湧いてくる。少なくとも、私はなぜか少し腹を立てていた。

なんじゃこりゃ!?

消えている…ニオイが跡形もなく消えているのだ。

ニオイがマシになるとか、そーゆーレベルじゃあない。完全に、何のニオイもしない。強いて言えば、布の、新品のTシャツみたいなニオイがする程度だ。

pict1230

一度はアンモニア臭に汚染されて、地獄の底に沈んだはずの布も、この通り。袋から出しても臭わない。

どーーーゆーーー原理なんだ!

だめだ、なんか、腹が立つ。売れよコレ!コンビニとかで!

ちなみに、このスプレーの名前は「ヌーラ。」

昔、ドラクエに「トンヌラ」という名前が出てきたが、それと同じようなテイストの、動きが鈍くてボーッとしてそうな名前だ(全国のトンヌラさん、ごめん)。

もっとこう、「くっさいオシッコ臭激落ちくんZ」とか、わかりやすい名前をつけたほうがいいのではないか。



↑公式サイト。いちおう、ニオイが消える原理は書いてあるけど、意味はよくわかりません↑

ちなみにこれ、もとは加齢臭とか足のニオイとか、ワキガとか、尿漏れ臭(!?)をサッとごまかすためのものらしい。
800円の携帯版があるので、試してみたい人はまずそれを選ぶといいかも。

800円の携帯版のヌーラ

ウソかホントか知らないけど、メディアからの取材が殺到とか。

まあ…たしかに、腹立つくらい消臭できてる。

でも、それを猫のオシッコ臭消しに使うのは贅沢なのかなぁ……とかうだうだ考えつつ、今回の日記を終わる。

参考)急速イオン消臭スプレー ヌーラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする