RenderosityでPoser素材をダウンロード - Poser覚書
Poser覚書> 海外サイト利用方法/リンク > Renderosity他

RenderosityでPoser素材をダウンロード

Poserをいじり始めてしばらくすると、新しいフィギュアとか小道具が欲しくなってくる。

今回は、最大のPoserコミュニティ「Renderosity」から、フリーのPoser小道具をダウンロードしてインストールするまでを覚書してみたい。
Renderosityにユーザ登録

 フリー素材ダウンロードには、ユーザ登録を行っておく必要がある。以下のリンクを参考に、登録を済ませておこう。

 →参照 Renderosityに会員登録

Poserフリー素材をダウンロード

 フリー素材のページ(Free Stuff) (※ログイン必要)

ついにダウンロードページに来た。実はここにはPoser用以外にも、色んな3DCGソフト用の素材が置いてある。あまりにもたくさんあるので、まずはPoser用のものだけを表示するように絞り込んでみよう。

「Choose A Free Stuff Area」のとこをクリックして、「Poser」を選び、「Select」をクリックしよう。


▲「Poser」を選択

Poser用のメニューが出てくる。「Characters」が主に人間のフィギュア、「Conforming Figures」が服、「Posable Props」が小物、だと思う。色々クリックして試してみて欲しい。

ちなみに「Search」を選ぶとキーワードで検索できるが、Poser以外のも出てくるので注意。

さて、サムネイル(縮小画像)もついているので、好みの素材を探してみよう。


▲Poser用のメニュー

膨大な量のフリー素材だ。エロいのも大量にある。Poserは大人の人形遊びに使われたりもするのだ。まあ、人それぞれだ。


▲大量のフリー素材

では、ダウンロードしてみよう。今回は、おっさん(Poser5 男性フィギュア)用のグローブだ。「Download」ボタンをクリック。


▲グローブをダウンロード

Downloadをクリックすると、そのままダウンロードが始まる場合と、別のサイトにジャンプする場合がある。今回は別のサイトにジャンプした。ジャンプ先のページで改めて、グローブをクリック。他にも面白素材がいっぱいあるようだな。


▲ジャンプした別ページで改めてグローブをクリック

ダウンロードが始まった。しばし待つ。


▲ダウンロード中

ほとんどの場合、zip形式で圧縮されているので適当な解凍ソフトを使って解凍しよう。ファイル(DonsSportsGloves01.zip)を解凍するとこんなふうに複雑なフォルダ構成になっている。

実は、こんなふうにフォルダごとに分けられているとインストールが楽なのだ。場合によってはreadme(英語の場合がほとんど)を読んで面倒な作業が必要かもしれない。

ここでは、解凍後に「Runtime」ってのが出てきたらこうすればよい、と単純な覚え方をして先に進んでみたい。

ダウンロードしたPoser素材をインストール

▲解凍後の複雑なフォルダ構成

では、インストールしよう。インストールといっても、ファイルをコピーするだけだ。まずは、解凍してできたフォルダの「Runtime」をコピー(エクスプローラーで右クリック後のメニューから「コピー」を選択)する。


▲「Runtime」をコピー

続いて、Poser本体のフォルダへ移動する。そこに「Downloads」というフォルダがあるので、さらにそこに移動だ。私の環境では C:\Program Files\Curious Labs\Poser 5J\Downloads だが、自分の環境によって読み替えて欲しい。


▲C:\Program Files\Curious Labs\Poser 5J\Downloadsに移動

で、そこに「貼り付け」(エクスプローラーで右クリック後に出てくるメニューで「貼り付け」を選択)だ。


▲貼り付け

「Runtime」フォルダを上書きしても良いか、と若干怖いことを聞いてくるが、気にせず「全て上書き」をクリック。これが出てこない場合は、コピー先のフォルダを間違っている可能性が高い。


▲フォルダを上書きしてもいいか聞いてくる

インストールしたPoser素材を使ってみる
では、Poserを起動して、インストールしたグローブを呼び出してみよう。右のメニューから「フィギュア」を選び、「親ディレクトリへ移動」のアイコン(赤丸部分のやつだ)を何度もクリックしていると、「Downloads」というフォルダが出てくる。


▲親ディレクトリへ移動


▲Downloadsフォルダへ移動

Downloadsフォルダの中に、さっきインストールしたグローブがあるはずなので探そう。無事に見つかった。


▲グローブ発見

ここまで地味な作業ばかりだったので、おっさんも呼び出してグローブを装着してみよう。ポーズも取ってみた。(参考:Poserのフィギュアに服を着せる


▲グローブ装着

これでPoserでの遊びの幅が大幅に広がるはずだ。そして、いずれフリー素材に満足できなくなる日が来る。

有料フィギュアなんかに手を出してみるのもいいだろう。

ちなみに有料フィギュアはMarketPlace(ログイン必要)というページで販売されている。
関連:
RenderosityでPoser素材をダウンロード
Renderosityに会員登録してみる

次のPaypalアカウントを作ってみるへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser最新版情報
PoserPro2014ファーストインプレッション!
これがPoserPro2014の実力か!レイトレースプレビュー、コミックプレビュー、そして物理演算がわがPoserに!
Poser10/PoserPro2014の日本語版でたー!
やはり安心の日本語版がついにきた。私も最初は日本語版にしておけばよかったなぁ。
Poser製品情報に、さらに詳細な情報があります。 Poser製品情報に、さらに詳細な情報があります。
Poser覚書> 海外サイト利用方法/リンク > Renderosity他 もくじ