Poser覚書> 海外サイト利用方法/リンク > Renderosity他

RenderosityのRender Rewardsってなに?

  Renderosity に2008年12月から、Render Reards という仕組みが導入されたようだ。

 

→ 元記事 Render Rewards Program on Renderosity.com  (英語)

 月に$100以上買い物をしたら、次の月に5%がGift Certificate(クーポンコードのようなもの。精算時に入力すると割引される)がもらえるということらしい。

 うーむ、微妙だ。

 微妙だけど、もらったGift Certificateは30日で期限が切れるらしいので、大きい買い物をした人はチェックしておこう。

どこをチェックしたらいいの?

  1.  Renderosityのトップページからページ上部のMembers→My Accountを選択
  2.  My Accountのページが出てくるので、さらに「View:」に並んでいるメニューから「Render Rewards」をクリック


▲今月は$27使いました。最低$100使うと5%のギフトが受け取れます、というようなことが書いてある。

 実際に100$使ったときの表示はわからないが、まあ、なんかコードが表示されるんじゃないだろうか。

 参考までにと思って、「Gift Certs」のページを見てみたら、2008年11月30日に何らかのギフト(5$ぶん)が失効しているのをたまたま発見してしまった。ちくしょう。


▲ついうっかり、5$分のギフトが期限切れになってしまった

 失効するまえにメールで教えるなり何なりして欲しいよなあ、と思いつつ、今回の覚書を終わる。

関連:
Renderosityに会員登録してみる

次の日本国内での、Paypalの家族間送金ができなくなる?へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> 海外サイト利用方法/リンク > Renderosity他 もくじ