冒険しようぜ!

単なる旅行記事一覧

豊橋でのんびりしようぜ

今週は豊橋。2週間前にあったばかりの大阪の知人、Mえだ氏と再度会うためだ。そんなしょっちゅう会わなくてもいいような気がするが、まあ、初めて行く場所だし、なんかうまいもん食えるかも知れないのでいいか、と思う。今回は装備、というかもっていったのはこのカバンのみ。シャツ1枚、海パン、GPS、関東版の地図、...

≫続きを読む

 

上野公園でのんびりしようぜ

この三連休は先週末に続き、またしても天気予報は雨だった。秩父で一人キャンプを予定していた私は、雨が降ったらさすがにつらいだけだろうということで、予定を中止した。一日目、いつも概ね陽気なsprintさんが焼肉の会に招待してくれた以外は特にイベントもなかった。他の時間は部屋の掃除とか、猫と戯れたりしてい...

≫続きを読む

 

荒川でのんびりしようぜ

先週はぱっとしない犬吠埼への旅だったので、今週の三連休こそは面白いことをしてやろうと思っていた。一日目は肉の会、要するに仲間うちで集まって肉を喰いましょうという会があって楽しかった。それはいいのだが、二日目はなんだかのんべんだらりと過ごしてしまい、これといったことがなかった。最近、私は思う。休みはゆ...

≫続きを読む

 

伊勢でのんびりしようぜ

11月の三連休。またしてもMえだ氏とどっか行こうということになっていた。本当に行き当たりばったりで行くと悲しい思いをする、ということは前回の豊橋旅行で身にしみていた。事前に多少の検討は必要なのだ。で、今回の旅の目的は「伊勢で伊勢海老を食う」ということになった。そういう馬鹿らしいコンセプトがあると旅の...

≫続きを読む

 

奥多摩でのんびりしようぜ

3月になった。カレンダー上では一応春なのだがまだまだ寒い。この寒さを逆手に取った何かはないだろうかと考えた挙句、キャンプを張って寒いとこで寝ることを思いついた。後は外で肉を焼いて食うのもやろう。よし。果たしてそれが楽しいのかどうかはやったことがないのでわからない。いちおう寝袋を用意しないとさすがに凍...

≫続きを読む

 

北海道でのんびりしようぜ1

あまりの暑さに、猫もこんな格好になっていた8月。体温、いや、ちょっと熱があるくらいの体温と同じぐらいの気温である。どっかに出かけたい。実家にでも帰って、どっか行った気になってみようかと思ったが、ふと、大それた事を思いついた。北海道にスープカレーを食いに行こう。最近、ほとんど交流の無かったMえだ氏に連...

≫続きを読む

 

北海道でのんびりしようぜ2

スープカレーを食うという目的が引き金となって北海道に来たはずだったが、私の心は既に海の幸に支配されていた。世界を救おうと冒険に出た勇者が、いつのまにか魔王の四天王の一人になってしまっているような感じである。わかりにくい例えではあるが。小樽駅前である。小樽も普通に都会で、いまいちつまらない。前回、会社...

≫続きを読む

 

北海道でのんびりしようぜ3

寝台列車で目を覚ますと、辺りは明るくなっていた。人の気配を感じてカーテンを開けると、知らないおっさんが対面の開いてる寝台席に勝手に座ってくつろいでいた。目が合う。うわあ。びっくりした私はカーテンを反射的に閉めた。しばらくして再度カーテンを開けると、おっさんは居なくなっており、ちょっとした消失マジック...

≫続きを読む

 

北海道でのんびりしようぜ4

ちょっとしょんぼりぎみの三色丼を食べ、網走方面へと車で戻る。途中、滝があって人だかりがしていたのでトイレ休憩をかねて寄ってみる。オシンコシンの滝。多分、上流のほうでオシンとコシンが物凄い勢いで口から水を吐いて人々を困らせたとかそういう伝説の滝じゃないだろうか。知らないが。皆、写真を撮るスポットに飢え...

≫続きを読む

 

北海道でのんびりしようぜ5

あ、牢の中にも入れるんだ。だって、他の客も入ってるもん。と思ったら、人形だった。やけにリアルである。これは、面会に来た妻と話す囚人というシチュエーションだと思う。人形のリアルさに感心していると、ひらがなで「おおわし」と書かれた鷲とあざらしの剥製が唐突に飾ってあった。刑務所関係ないんじゃないの。偉い人...

≫続きを読む