ドでかい男フィギュア The FREAKフィギュア - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > FREAK

ドでかい男フィギュア The FREAKフィギュア


 大男のマッチョ、The Freakのフィギュア紹介をしてみたい。


▲いや、そんな驚くほどのことでも。

 DAZのフィギュアはほとんどがそうだが、「ベースフィギュア」という基本フィギュアだけだと、テクスチャ(肌の質感)がついてなかったり、表情が変えられない(モーフターゲットがついてない)など、追加でテクスチャやモーフターゲットを買わないと楽しめないことがほとんどである。

 そこで今回は、ベースフィギュアならここまで出来る!とか、テクスチャやモーフターゲットにはこんなのがついてくる!とか、そんなようなことを覚書してみたい。

 まず、The Freakベースフィギュア。ものすごい筋肉だけど、肌の色は青。人間ではないという設定なのかも知れない。そして、厚さの感じられない変な服を着ている。



 他にもポーズはいくつかついている。主に、相手を威嚇するようなポーズ。


▲威嚇ポーズが9個ついてる。

 さらに、服の色を黒くするという意味不明のMAT POSEがついてる。MAT POSEというのは、一種のポーズデータだ。通常のポーズデータと違って、適用するとテクスチャが張り変わったり、体つきや顔つきが変わったりする。クリックするだけで、姿かたちが変わる便利で面白いものなのだ。

 
▲服が黒くなったが

ベースフィギュア付属品

  • フィギュア
    • FREAK本体
    • 服作り用、関節情報のみのBLANKデータ
  • ポーズ
    • ポーズ9種
    • FREAKの大きさを変更する特殊ポーズ


▲フィギュア本体


▲ポーズ

 ベースフィギュアは以上。あとは目を動かすことができるぐらいだ。

 当初、私は驚いた。ベースフィギュアってこんなことしかできないの?と。そして、モーフターゲットとテクスチャを追加で買ってこそ使い物になるってことを学んだ。

 追加の、The Freak モーフ&マップを購入すると、できるようになることを紹介しよう。

 まず、人間の肌(テクスチャ)がついてくる。追加データを購入して初めて人間になれるのだ。freakという単語は、変人とか、異常とか、ろくな意味がない。きっと斧を持って主人公たちを追いまわすような、そんなイメージのキャラなんだろう。気の毒に。


▲ようやく人間の肌が

 テクスチャの貼り付けは、MAT Pose(画面左のポーズに!MAT FREAKというフォルダがある)をクリックして適用した。よくみると、!All FREAK MAP P4と、!ALL FREAK MAP PPとがあるが、Poser6ユーザの人は、!ALl FREAK MAP PPの方を適用しよう。なんだったら、P4の方は消してもいいと思う。

 肌の色は、7色。ろくな色がない。どうあっても怪物を作らせようという作戦のようだ。

 
▲アメコミにこんなやつがいたような

 つづいて、体つきを変えるモーフターゲット。モーフターゲットの適用は、ポーズデータの中にある!FREAK Morphs INJから、All FREAK BODY や、All FREAK HEADを順番にダブルクリックして適用する。

 INJというのは多分、inject(~を入れる)の略なんじゃないだろうか。モーフターゲットを取り外すためのREM(removeの略?)データも用意されている。

 
▲Morphs INJを適用

 見た目は変わらない。しかし、パラメータに「モーフ」というのが追加され、ダイアルをいじることで体つきや顔つきを変えることができるのだ。顔は、ゾンビ、鬼、ゴブリン、トロール、オーク、巨人、そして、ついでにスーパーヒーローに変えることが出来る。

 体つきも、腹をだぶつかせたり、筋肉を縮めたりしておっさん体型を作ることが可能だ。


▲変な顔に出来る

 顔つきが変わるのはいいが、笑わせたり怒らせたりと、表情を変えるパラメータが見当たらない。実は、さらにややこしいことに、「!M3 Expressions INJ」というモーフターゲットを適用しないといけないのだ。

 The Freakは、Michael3(略してM3)というフィギュアをベースに作られているため、M3用のモーフターゲットを流用するということらしい。この、!M3 Expressions INJも、The Freak モーフ&マップに付属しているのだ。

 
▲!M3 Expressions INJのAll Expressionsを適用

 そうすると、さらに「smile」だとか、「口を開く」「右目を閉じる」などのパラメータがいじれるようになり、ようやく表情を作ることが出来る。


▲笑っているつもりの顔

FREAKモーフ&マップセット付属品

  • ポーズ
    • モーフ埋め込み用INJファイル
    • モーフ除去用REMファイル
    • テクスチャ適用MATファイル
    •  Michael3 表情モーフ埋め込み用INJファイル( Michael3が別途必要)


▲INJファイル。除去用のREMファイルも付属している。


▲テクスチャ適用MATポーズ。ろくな色がないが、テクスチャは意外にも高解像度。


 
▲Michael3の表情モーフを流用するINJファイル。

 これで、顔つきも、体つきも、そして表情も変えられるようになった。そうすると、今度は服を着せてみたくなる。Roaring 20s Gangster set for M3 and the Freakという、ギャング用のスーツセットを購入してみた。

 スーツ、シャツ、ネクタイ、蝶ネクタイ、ズボン、靴、帽子、マシンガンが付属している。それぞれ数種類のバリエーションがあって、なかなかの出来だ。特にギャングっぽくない、お金持ちそうなスーツが揃っている。

 着せてみると、すごく怖い人になってしまった。


▲スーツを着た怖い人

 パラメータを調整すれば、「太ったおっさん」なども作れそうである。Poserのフィギュアはどいつもこいつも主役っぽい美男美女ばかりで、それを引き立てる脇役がいない。

 The Freakには、今後、脇役として活躍してもらおうと思う。

TheFreak フィギュア情報まとめ

基本データに加え、「街をあるいててもおかしくない」普段着をまとめています。(実際の購入方法はDAZ で買い物をするを参照)

The Freakベースフィギュア(基本フィギュア)
フィギュア本体とポーズデータが付属。テクスチャ・モーフターゲットは付属しておらず、顔つき、体つき、表情が変えられない。基本は青白い肌で、左の画像のような「人間の肌」は付属していない。


The Freak モーフ&マップ(基本データ)
テクスチャ(肌の質感)とモーフターゲットの追加データ。主に怪物っぽいテクスチャやモーフターゲットが多いが、ちゃんとした人間の肌のテクスチャも含まれている。

  • テクスチャを貼り付けるにはThe Freakベースフィギュアを呼び出し、The Freakフィギュアを選択した状態でポーズ>!MAT FREAK>!ALL FREAK MAP PPを適用する。
  • 体つきを変えるにはThe Freakフィギュアを選択した状態で、ポーズ>FREAK Mophs INJ>~~INJ(アイコンに体の部位が表示されているもの)を適用すると、パラメータに「モーフ」ダイアルが追加される。ダイアルを手動で動かし、体つきを変える。All FREAK BODYを適用すると、体に関するモーフが全て追加される。太った体、やせた体などに変形可能。
  • 顔つきを変えるにはThe Freakフィギュアを選択した状態で、ポーズ>FREAK Mophs INJ>~~INJ(アイコンに顔が表示されているもの)を適用すると、パラメータに「モーフ」ダイアルが追加される。ダイアルを手動で動かし、体つきを変える。All FREAK HEADを適用すると、顔に関するモーフが全て追加される。 主に、怪物に変形可能。
  • 表情を変えるにはThe Freakフィギュアを選択した状態で、ポーズ>!M3 Expressions INJから必要な表情モーフを適用する。「右目を閉じる」「眉毛を上げる」などの単品のほか、All Expressionsを適用すると、表情モーフを一気に全部追加できる。
Roaring 20s Gangster set for M3 and the Freak(普段着)
縞模様のギャングっぽいスーツのセット。The Freak用のスーツのほか、Michael3用も一緒についている。スーツ、パンツ、シャツ、ネクタイ、蝶ネクタイ、靴、帽子、マシンガンが付属。スーツの種類は複数あり。

フィギュアタイプのスーツやパンツを着せ、MAT Poseを適用するとスーツやパンツの柄が変わる。
関連:
INJ、REM、MATってなに?
DAZ3D3Dに無料登録してみる
DAZ3D で買い物をする
INJ、REM、MATってなに?
ドでかい男フィギュア The FREAKフィギュア
ドでかい男フィギュア The FREAKフィギュア

次の獣人テクスチャ(Merge Visible: BIG CAT)紹介へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > FREAK もくじ