Aiko3.0でハル○顔を作る その3 - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > Aiko

Aiko3.0でハル○顔を作る その3

 続いて、キランキランで不自然な感じの目を調整する。


▲目がきらきらすぎて不自然

目のマテリアルを設定する

 Aiko3.0Eyesを使う。これは、Aiko用の目のハイライトや瞳の色が変えられるというセットだ。

■ライブラリより、ポーズ→MAT Aiko3 Eyes→cornea1を適用する

 他にもハイライトパターンはいくつかあるので、俺はこれがいいんだという主張のある人は、それを選んでもらって構わない。

 続いて、瞳の色を変えよう。日本人っぽく、瞳の色を濃い茶色にしたいのだ。

■ライブラリより、ポーズ→MAT Aiko3 Eyes→Eye Brown3を適用する

 青い瞳から茶色になったが、まだまだ目の色が明るい。ちょいとマテリアルをいじって、瞳の色を暗くしよう。

■マテリアルルームを開く
■シェーダーウインドウにて、オブジェクト:フィギュア1 マテリアル:LIrisを選択する
■Poserサーフェースノードの、拡散色の右にある色のついた四角形をCTRL+クリック
■色の設定ウインドウにて、赤:147 緑:147 青:147を指定してOKをクリック

 これで左目の瞳の色が暗くなる。同様に右目も色を暗くしよう。

■シェーダーウインドウにて、オブジェクト:フィギュア1 マテリアル:RIrisを選択する
■Poserサーフェースノードの、拡散色の右にある色のついた四角形をCTRL+クリック
■色の設定ウインドウにて、赤:147 緑:147 青:147を指定してOKをクリック

 よし、だいぶよくなってきた。もう一息である。

関連:
Aiko3.0フィギュア紹介
Aiko3.0フィギュア紹介
INJ、REM、MATってなに?

次のAiko3.0でハル○顔を作る その4へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > Aiko もくじ