Toonノードの線幅を変更するユーティリティ - Poser覚書
Poser覚書> Poser操作 > スクリプト

Toonノードの線幅を変更するユーティリティ


▲左がPoser8でレンダリングしたイラスト調 もえたん 、右が線幅変更後。ライトは適当なIBLライトを使用。

 Poser8でイラスト調もえたんをレンダリングすると、上の画像の左側のようにまるでイラスト調じゃない感じにレンダリングされてしまうらしい。 (Poser7以前だと正常にレンダリングされる)

 公式サイトのサポート/お問い合わせにあるFAQによると、「マテリアルのスケッチシェーディングノードの線幅を0にして下さい」とのこと。 Poser8日本語版 でも、英語版でも同様の現象が起こるようだ。けど、それを手動でやるのは大変すぎるよなあ、と思ってユーティリティを作ってみた。

機能

 シーン内で「Toon」ノードを使っているマテリアルに対して、ノード内パラメータLineWidthを指定した値に一括変更する。

ダウンロード&インストール

→ http://zenryokuhp.com/poser-oboegaki/freestuff/toon_line.py

 上記ファイルをダウンロードして、適当なフォルダ(日本語パスを含まない英語名フォルダがいいかも知れない)にコピー。

 Poserの画面上部メニュー「File」→Run Python Scriptで上記ファイルを選択すると起動。

 なお、Poserインストールフォルダ>Runtime>Python>poserScripts>ScriptsMenu以下にコピーしておくと、Poser画面上部の「Script」から直接呼び出せるようになるので、若干便利になるかも知れない。

使い方

 起動すると、小さい画面が出てくるので、「Line width of Toon nodes」の欄に線幅を入力して、OKをクリックすれば処理が始まる。

 Poser7日本語版でテストしてみたので、Poser8日本語版でも動くんじゃないかなあとは思うが、動かなかった場合はエラーメッセージや状況などをTwitterやメールで知らせていただけるとありがたい。

 このツールが画面上に表示されているあいだは、クリックしたのにルーム移動できないとか、パラメータパレットに選択中のフィギュア情報が出てこないとか、色々おかしなことが起こる。処理が終わったら、Cancelボタンをクリックして終了させるようにしよう。

 また、Poser画面の裏側というか、変なとこにツール画面が入り込んでしまった場合は、ALT+TAB連打とか、ALT+ESC連打でなんとか引っ張り出してみて欲しい。

関連:
Poser8日本語版情報
Toonノードの線幅を変更するユーティリティ
Poserフィギュア もえたん紹介

次のPoserのPythonバージョンへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> Poser操作 > スクリプト もくじ