ニュース  
無料情報   割引情報   PoserPro2014情報   PIチュートリアル集更新情報   挫折しないPoserフィギュア化更新情報   Poserパイソンサンプル集   挫折しない服作り更新情報   その他ニュース  

Poser操作  
基本操作   ポージング   リアル化   アニメ調   ダイナミッククロス   レンダリング   モーフターゲット   小技   スクリプト  

フィギュアレポート  
フィギュア全般   DAZ全般   Victoria   Michael   Genesis2   Aiko   chibibel   V4/A4   M4H4   KIDS4   FREAK   背景    

その他レポート  
Poser7情報   Poser8情報   PoserPro2012   Poser6   ツール   書籍レビュー   PoserPro  

海外サイト利用方法/リンク  
DAZ   コンテンツパラダイス/SmithMicro   Renderosity他   3DCGサイト   有名アーティスト   Renderosityベンダー覚書  

チュートリアル/Q&A  
2D合成練習   レタッチ   Q&A   漫画的な表現  

ソフト間連携  
modo連携   六角大王連携   LW連携   AnimeStudio連携   Vue連携   Hexagon連携   particleIllusion連携   Bryce連携   Carrara連携   コミックスタジオ連携  

その他  
DAZ STUDIO   服を作る覚書   メモなど   PoserPhysics   アニメーション   鉄球の男計画   初音ミク   よつばとフィギュア作り   Pose360  

覚書一覧 (登録数:1395)   更新履歴
最近のPoser覚書
過去のPoser覚書
新着Poser覚書

Photoshopでカンタンに描き文字効果音を作る

Poserまんがなんかを作るときに、カンタンに描き文字を作る覚書。PhotoshopCS2+タブレット使用。

こんな感じのやつだ。


▲あっ、右端が切れちゃった。まあいいか。

以下の設定で、わりとカンタンにできる。

  • ブラシの設定
  • レイヤー効果

そんじゃ、ブラシの設定から。まずタブレットじゃないとブラシの強弱はつけられないので、マウスオンリーの方は申し訳ない。

ツールボックスから「ブラシ」を選んで、ブラシ設定(F5)を出す。

「ブラシ先端のシェイプ」の「間隔」を1%に。

 

「シェイプ」にチェックをつける。
「サイズのジッター」のコントロールを「筆圧」に
「真円率のジッター」のコントロールを「筆圧」に、
最小の真円率を1%に設定

これで、筆のように強弱がつけられるようになる。

レイヤー上で右クリック→レイヤー効果を選択
レイヤースタイルウインドウが表示されるので「境界線」をクリックして、チェックをつける
「カラー」に黒っぽい色を指定。微妙にグレーにすると、なじむ…気がする

ブラシのカラーを白にして字を書くと、うまい具合に「フチドリ」してくれる。

そんな感じ。Illustratorを使えばもっとかっこよく出来るかもしれないが、Illustratorは重すぎて気が滅入るのでもうこれでいいや。

関連:

コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser8本体
Poser 9日本語版  Win
プレビュー、レンダリング関連がパワーアップ。ユーザインタフェース周りには、使い勝手を向上させる玄人ごのみのシブい改良が加えられ、安定度も大幅にアップしている。「遅い、重い、使いにくい」といったこれまでのPoserイメージを完全払拭する、ユーザ待望の改良が盛り込まれたバージョン。(と思う)。もちろん、Poser8で大幅改良されたユーザインタフェース、ライブラリ機能の強化、リグ機能強化、モーフパテツールの強化などもひきついでいる。また、間接照明機能や異なるフィギュア間で服のコンバートが可能なワードローブウイザード、法線マップ対応などの新機能も盛り込まれている。

Poser製品情報に、さらに詳細な情報があります。
▲このページのトップへ戻る