フィギュア紹介 テライユキ - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般

フィギュア紹介 テライユキ

その昔、3DCGソフトで「Shade」用データとして作られ、「デジタルビューティー」、つまり3DCGで作った美女の代名詞だったテライユキという名のフィギュア。

これがPoser用データとして販売されている。

私の好きなPoserフィギュアのへんてこ加減とはちょっと方向性が違って、アニメチックなフィギュアだが、購入したので紹介してみたい。


テライユキ

ショートヘアで、歌を歌いそうな衣装で、顔はアニメ顔。これを機に、Poserが一気にメジャーになるかも知れない。いや、きっとなるに違いない。


▲スケッチシェーディング表示

アニメ調にしようと、スケッチシェーディング表示してみたが、どうも失敗。


▲顔をアップ

顔はこんな感じ。なんか前髪がおかしなことになっているが、なんなんだろう。(追記:レンダリング精度を最高まであげないとこんなふうに汚くなるようです


▲付属している衣装

データは、服を着たテライユキと、裸のテライユキ、そして、裸の方に着せるための服だ。服はドレス、ブーツ、イヤリングの三つ。あとは、ショートヘアの髪の毛が一種類ついてる。

今後、服や小物なんかがPoserの「コンテンツパラダイス」に発表されるということだ。それにしても、服が一種類だけとは寂しいことだ。


▲あおりの図

さて、この手のフィギュアを手に入れたら、とりあえずこの方向から見てみるか、ということでこれ。自分がダメな人のように思えてくる。


▲無茶なポーズ

で、ちょっと無理をさせてみようと、このポーズ。ツイスターゲームの後半戦のようである。


▲裸の方のテライユキ

裸フィギュアも試してみる。結構あちこちが角ばっていたりする。

さて、ポーズデータや表情データは付属していないので、例によってパラメータを操作していくことになる。

顔のパラメータは、眉(上げ下げ)、目(まぶたの開閉・眼球移動)、口を開く、唇を笑いの形に、といったところ。あんまり激しく怒ったりすることは想定されていないのか、ニッコリ微笑むパラメータしか見当たらない。

これらをいじって、顔遊びをしてみたい。


▲基本の無表情顔


▲軽い拒否を訴える顔


▲どうしようか悩む顔


▲たまげた顔

 こんなところだろうか。

 なお、今回紹介したフィギュアは当初販売されていた、「低解像度版」であり、アップデートを行うことで高解像度版「テライユキ2」が追加できる。無料でアップデートできる期間は限られているようなので、まだの人は急いでアップデートしよう。

関連:
アイドルフィギュア テライユキ2
フィギュア紹介 テライユキ

次のアイドルフィギュア テライユキ2へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般 もくじ