Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般

アイドルフィギュア テライユキ2

 Poserフィギュアパック「テライユキ2」


▲Poser9(PoserPro2012)で、レンダリングしたテライユキ2。肌っぽさアップ。


▲ついでに、 aniMate で制作したムービー。

 とりあえず、レンダリングしたものを見てもらおう。レンダリング設定の最小シェーディングレートを0.2以下くらいにしておこう。中ぐらいの精度だと、「ごみ」が出てしまうのだ。


テライユキ

 かなりなめらかな感じ。表情の調整ダイアル(モーフターゲット、略してMTなどと呼ぶそうだ)も増えて、異常なほど複雑な表情が出来るようになっている。

 唇を内側にきゅっと噛むだとか、頬をぷくっとふくらますだとか、眉を寄せて困った顔にするだとか、めちゃめちゃ芸の細かい調整が出来る。乳ゆれパラメータも、当然のごとくついている

 フィギュアは3パターン。服を全部着たフィギュア、裸のフィギュア、ビキニを着たフィギュアだ。ビキニフィギュアはよーく見ると肌にビキニが食い込んでいるという念の入れよう。この食い込んだ感じを出すためには、食い込んだ状態のフィギュアを別途用意しなければならないのである。物凄い気合の入れようだ。


▲ビキニ着用フィギュア。パンツが食い込んでいるのがわかる。

 どうでもいいかも知れないが、なかなかのおなかである。肉のよじれ具合がリアルである。


▲3種類のフィギュア

 服はステージ衣装とイヤリングのみ。そして、今回のはポーズがついてる。主にセクシー系ポーズである。また、手のポーズデータも付属している。


▲ポーズ


▲顔のアップ(精度を最高にしてレンダリング)

 非常によくできていて、このアップデータを適用することで、まあ、なんというか大きなお友達がいやらしい気持ちで遊んでしまうことも出来るわけだ。

 ビキニ着用フィギュアのビキニだけを削除してみて、食い込み跡を確認するなどといった訳のわからない楽しみ方?もできる。

 まあ、どっちにしてもテライユキを持ってる人はアップデータを適用しておくといいだろう。アップデータを適用しても、以前のデータは別フォルダに残るので安心である。


Poser フィギュアパック テライユキ2 Poserフィギュアパック テライユキ2

 フィギュア本体に、アイドル服、水着、ポーズデータが付属している。

関連:
サクサクとアニメーションが出来てしまうツール aniMate (DAZ STUDIOプラグイン)
アイドルフィギュア テライユキ2

次のMikiをアップデートへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser9本体
Poser 9日本語版  Win
プレビュー、レンダリング関連がパワーアップ。ユーザインタフェース周りには、使い勝手を向上させる玄人ごのみのシブい改良が加えられ、安定度も大幅にアップしている。「遅い、重い、使いにくい」といったこれまでのPoserイメージを完全払拭する、ユーザ待望の改良が盛り込まれたバージョン。(と思う)。もちろん、Poser8で大幅改良されたユーザインタフェース、ライブラリ機能の強化、リグ機能強化、モーフパテツールの強化などもひきついでいる。また、間接照明機能や異なるフィギュア間で服のコンバートが可能なワードローブウイザード、法線マップ対応などの新機能も盛り込まれている。

Poser製品情報に、さらに詳細な情報があります。
Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般 もくじ