力士フィギュア Rikishi紹介 - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般

力士フィギュア Rikishi紹介

 筋肉質・モデル体型の美男美女ばかりがあふれているPoserフィギュアの中で、皆が、いや、一部の人が待っていたふとっちょフィギュア。

  Renderosity で販売している「Rikishi」である。

おすもうさん

 力士としてみることはもちろん、単なるおでぶさんとしてもなかなか精度が高いと言えるだろう。

暑苦しい

 顔も、絶妙の暑苦しさ。主人公の強さを印象づけるために出てきてすぐやられる敵役などにぴったりである。

付属物は以下の通り。

  • 力士フィギュア(ノーマル版、ひげ版)
  • 髪(マゲ2種類、通常髪3種類)
  • 服(まわし3種類、さがり2種類、シャツ3種類、ズボン2種類、靴2種類、トランクス)
  • 手ポーズ
  • ライト
  • マテリアル
  • ポーズ
  • 土俵

 まずフィギュア本体。フィギュア自体は一種類のみだが、ノーマル版の他、ダイナミックヘアで作られたひげを生やしたフィギュアを呼び出せるようになっている。フィギュア名の「H」はきっと「ヒゲ」の略だ。


▲ひげ

 まげは2種類。よく知らないが、試合用と練習用なのだろうか。ノーマル髪も3種類付属していて、いい感じだ。

 服も一通りそろっている。他からの流用はまずできない体型の力士だけあって、すもう姿から普段着までそろっている。まわしの下につけるのれんみたいなやつを「さがり」と呼ぶんだな、ってことをここではじめて知った。

 ひげの生え具合や髪ベース(地肌付近に貼り付ける髪のテクスチャ。)を適用するためのMATポーズに、力士ポーズがいくつか。

 手のポーズ。手のポージングはめんどうなので、基本パターンが付属していると何かと楽だ。

 そして小道具として土俵が付属。

土俵

 ライトも一種類付属。これを適用すると、デフォルトライトと比べて力士の肌をリアルな感じに見せることが出来る。ライティングが面倒だという場合はこれを使おう。

 ついうっかり何かに使いたくなってしまう、おでぶさんなのであった。


  Rikishi … 力士フィギュア

 Clothing Pack for Rikishi … 恰幅のいいお父さん風になる、力士用普段着セット

関連:
Renderosityに会員登録してみる

次のアニメドール 紹介へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般 もくじ