BJD用ロリータドレスセット - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般

BJD用ロリータドレスセット

 Studio Mayaさんから、Lolita Dress Setをいただいたので、さっそく紹介してみたい。

▲BallJointDoll( BJD )にLolitaDressSetを着用。

 私には、「そうかこれをロリータドレスと言うのか」という程度の知識しかないが、ロリータドレスセットである。

■付属物

  • フィギュア
    • ロリータドレス
    • ストッキング
    • ブーツ
    • ヘッドドレスヘア
  • マテリアル
    • 服、髪のテクスチャを貼り替えるマテリアル

 順に見ていこう。

 まずフィギュア。

 ドレス、ストッキング(というか靴下?)、ブーツの三つが付属。特にドレスには、モーフターゲットがわんさか詰め込まれている。

 Hipには「お人形座り」を実現するためのモーフターゲット「Sit」や、風でひらひらした感じに見せるモーフターゲット、スカートの長さやレースの見栄えを若干変えるモーフなどが多数。chestには当然のごとく胸の大きさを調整するモーフが、腕部分にはそで口の向きを微調整(?)するためのモーフが仕込まれている。

 さらに、ドレスのスカート部には4本のハンドルがついており、これを操作することでスカート形状を自由にいじることができるのだ。

 続いて髪。

 ヘッドドレス、というのは頭の上の飾りのことだろうか。BJDの頭にフィットする髪と、MayaDollの頭にフィットする髪が付属。なんでこんなものが付属しているのかというと、BJDMDセットという、BJDの頭をMayaDollの頭にすげかえるセットを使っている場合を想定してのことだろう。(BJDMDセットは、StudioMayaのダウンロードコーナーにてダウンロード可能)

 なんとなく「小顔」に見えるような髪に仕上がっている。

 最後にマテリアル。テクスチャの張り替えは、MATポーズではなく、マテリアルルームで貼り替える方式だ。

 髪用テクスチャ4種に加え、頭の飾りを消すマテリアルが付属。ドレスは3色、ブーツ、ストッキングは白黒の2色だ。


▲白黒を基調にマテリアルを適用


▲ドレスのHipにあるパラメータ「Sit」で、スカート部分を「お人形座り」形状に

■まとめ

 さすがにフィギュア製作者本人が作った服だけはあり、BJDの持つ「負の雰囲気」を損ねることなく、なおかつかわいく仕上がっている。BJDユーザなら、是非ゲットしておきたい一品と言えるだろう。


 BJD Lolita Dress Set

  Renderosity とStudioMaya内の「Store」コーナーで購入可。StudioMaya内で購入すると、若干値段が安くなる上、「オマケ」もついてくる。


 

関連:
球体関節人形 ボールジョイントドール 
Renderosityに会員登録してみる

次のにあ☆みぃレビュー 今までのPoserにはなかった萌えフィギュア へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般 もくじ