Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般

Poserフィギュア もえたん紹介

 Poserフィギュアもえたんが届いた。


▲もえたんのパッケージ

 このパッケージを、冷静に店のレジに持って行ってお金を払うような度胸は私にはない。マニアックなエロDVDを購入する方がまだましである。そんなわけで、こそこそとアマゾンで注文したのである。

 二体のフィギュアに服、ポーズなどがセットになっている。二体のフィギュアは、なんというか違いがいまいちわからなくて、同じフィギュアなんじゃないのと思うが、定かではない。


▲虹原いんく

 てっきりフィギュアの名前が「もえたん」だと思っていたがそうではなく、「虹原いんく」「パステルいんく」という名前がついているようだ。

■内容物

  • フィギュア
    • 虹原いんく、パステルいんくの二体
    • 虹原いんく用アイドルっぽい服、パステルいんく用のアイドルっぽい服、セーラー服、ワンピース、ゴシックロリータ服、スクール水着
    • えんぴつ、けしごむ、アヒルをモチーフにした小さなフィギュアが3体
    • フィギュア型の虹原いんく髪、パステルいんく髪(色違い?)、ポニーテール
    • (フィギュアフォルダとは別に)5種類
  • ポーズ
    • 虹原いんく用ポーズ10種(スカートポーズ含む)、パステルいんく用ポーズ9種(そでのひらひらポーズ含む)、座りポーズ7種
  • 表情
    • 13種
  • 手のポーズ
    • 18種類
  • 小道具
    • ランドセルや縦笛など、9種類
  • マテリアル
    • 各アイテム・服用のマテリアルファイル
  • リップシンク
    • トークデザイナー用。5種類の口の形を音声ファイルに対応させるファイルが付属。
  • サンプルボイス「いちたすいちはなんだったかな?」

 順に見ていくとしよう。

 まず、フィギュア。


▲フィギュア

 カートゥーン調、イラスト調があり、服やマテリアルを着用済みのものを呼び出せるようになっている。カートゥーン用は、ドキュメントスタイルを「スケッチシェーディング(線付き)」にして、レンダリング→アンチエイリアスをかけて使うためのものだ。やり方がいまいちわかんない人は、Poser6でアニメっぽい絵を作る - Poser覚書を参照して欲しい。

 
▲カートゥーン表示 ゴシックロリータ服着用

 ピンク髪の虹色いんくの他、青い髪のパステルいんくが付属。間違いなく体は同じで、服などを共有できるのだが、もしかしたら顔も同じなのかも知れない。


▲パステルいんく

 並べてみても、やっぱり顔は同じような…、けど、実は違ってたりするとなんなので、ここはあいまいな表現でごまかしておこう。


▲スクール水着とワンピース着用

 うまいことデフォルメされたセーラー服も付属。服の数は予想以上に充実してる。


▲ちこく!ちこく!

 そして謎の小さな3フィギュア。えんぴつと消しゴムはわかるのだが、真ん中のアヒルはなんだろう。そのままアヒルでいいんだろうか。筆記用具つながりの何かだったりするとすっきりするのだが。 


▲謎の3フィギュア

 服はもちろん、ひとつづつ着せることも可能。


▲ゴシックロリータ服 ひとつづつ着用可能

 フィギュアフォルダには髪が3種。そして、なぜか髪フォルダにも別途、髪が入っているのだ。なんなんだろう。


▲フィギュアフォルダの髪

 髪データは5種。うち3種は、フィギュアフォルダにあるものとダブりである。


▲髪フォルダの髪

 続いてポーズ。虹原いんく用、パステルいんく用、座りポーズが付属。ほんとは体型が同じなのでどれを適用しても支障はない。

 ちなみにポーズ名に「Skirt」がついているものはスカート用、「Sleeve」がついているものはソデのひらひら用なので、フィギュア本体ではなくSkirtやSleeveを選択してからポーズを適用しよう。


▲虹原いんく用ポーズ10種 (スカートポーズ含む)


▲パステルインク用ポーズ9種(そでのポーズ含む)


▲座りポーズ7種

 表情は、わかりやすい感じのものが13種付属。Headのパラメータを個別にいじって表情をつけることも可能だ。


▲表情

 手のポーズ、19種。 にあ☆みぃ のものとダブりまくっているが、それはまあしょうがない。


▲手のポーズ

 かわいい感じの小道具も9種付属。


▲小物

 マテリアルには、各アイテムをカートゥーン調、イラスト調にするためのマテリアルデータが付属。

 なお、「もえたん」のフィギュアは、「 にあ☆みぃ 」の体とたぶん同じなので、服を使い回すことが可能だ。


▲もえたんのセーラー服を着用した にあ☆みぃ

 おまけについているサンプルボイスは、レンダリングした絵に含めて公開するとだめなんだそうだ。つまり、トークデザイナーで作った動画を公開しちゃダメということである。まあ、いろんな権利関係が絡んでいるということだろう。

■まとめ

 個別ダウンロードでなく、パッケージで2体同時に買うとけっこうリーズナブルな価格である。出来もいい。 (未確認だが、ダウンロード版だと付属していないアイテムが数点あるとの噂。買うならパッケージ版が無難そうだ)

 Poserフィギュアはリアルになればなるほど、「生きてるマネキン」ぽい感じが増して不気味な感じに見えるという悲しい宿命を背負っている。しかし、このフィギュアは従来と異なるデフォルメ方向に進化していると言えるだろう。

 この方向のフィギュアがどんどん進化して、私個人としてはルパン三世とかあのへんのアニメをPoserフィギュア化して欲しいなあ、と思う。


 Poserフィギュアもえたん

 虹原いんく、パステルいんくの2体に5種類の服、ポーズ、手のポーズ、表情、髪などがセットになったパッケージ。カートゥーン調とイラスト調マテリアルが付属している。


 

関連:
にあ☆みぃレビュー 今までのPoserにはなかった萌えフィギュア 

次のにあ☆みぃアップデートへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般 もくじ