アニメ調少年 KEN紹介 - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般

アニメ調少年 KEN紹介

 アニメ調の少年、KENの紹介をしてみたい。


▲アニメ調少年 KEN

 少年漫画とか格闘ゲームに出てきそうな体型のフィギュアだ。

 このフィギュアを使うためには、アニメドール(有料)が必要だ。さらに、無料データのAD BoyとMD Boyをインストールする必要がある。

 StudioMayaのダウンロードページを開き、AD BoyとMD Boyをゲットしよう。

これでOK。インストール後は、付属のpz3ファイルを開くと、体の各パラメータが調整されたKENが出現するのだ。

付属物

 まず、フィギュア本体はAD BoyとMD Boyに付属している。 

 AD=Anime Doll 、 MD=MayaDollの略のようだ。引くぐらいリアルなポコチンも付属している。一応書いておくと、ポコチンは呼び出したあと、フィギュア本体に「着せる」という操作が必要だ。

 そして、KENの付属物は以下の通り。

 フィギュア本体は付属しておらず、pz3ファイルを呼び出すことでモーフ調整されたフィギュアが出現する、という仕組みのようだ。ライトや表示モードもアニメ調になるよう設定されているのだ。

  • フィギュア
    • 学生服上下、タンクトップ、グローブ、靴
  • 小物
  • その他
    • 各モーフ調整済みのpz3ファイル

 順に見ていこう。まず、服だ。

 なぜか、学生服(上)にはローポリゴンバージョンが用意されている。特に、これといった面白モーフは含まれていない。パンツのすねの部分に「Wide」というパラメータがあり、すその広がり具合を調整できるようだ。

 次に、髪。

 髪には9種類のモーフが含まれており、さわやか少年風や長髪にすることが可能だ。

 実は買ってから気づいたのだが、漫画少年風フィギュアをゲットするだけならば、アニメドール+無料のADBoy&MDBoyをインストールするだけでOKだった。けどまあ、裸のフィギュアだけあってもしょうがないので、結局服を買うことになるよなあ、と自分を納得させつつ今回の覚書を終わる。


  KEN

 学生服上下、タンクトップ、グローブ、靴、髪が付属。

 付属のpz3ファイルを呼び出すと、ライティングや各種モーフ、ポーズが調整されたKENが呼び出せる仕組みになっている。

 購入方法は、Renderosityで買い物してみる を参考にしてください。

関連:
Renderosityで買い物してみる
アニメドール 紹介
アニメドール 紹介

次のパグフィギュア Mister Pugglesへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般 もくじ