パグフィギュア Mister Puggles - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般

パグフィギュア Mister Puggles

 パグフィギュア、Mister Pugglesをゲット。

 HEROESのチアリーダーのお母さんに飼われていたのが「ミスターマグルス」だったが、なんか共通のネタでもあるんだろうか。それはともかく、付属物の紹介。

付属物

  • フィギュア
    • パグフィギュア
  • ポーズ
    • デフォルト立ちポーズ 

 とてもシンプルな感じ。では、見ていこう。フィギュアから。

 フィギュアを呼び出すと、マテリアル設定済みのパグ犬が出現する。マテリアルにはディスプレイスメントマップが使用されているので、レンダリングオプションには「Use Displacementmap(ディスプレイスメントマップを有効)」を有効にすると毛のもこもこ感が若干リアルになると思う。ただし、口を開けた場合は歯にディスプレイスメントマップが適用されて「丸い歯」になってしまう。歯を見せるポーズのときはオフにしておいた方がいいだろう。

 また、ローポリゴンで作られたフィギュアのため、そのままだと輪郭のカクカクが目立つ。レンダリングオプションの「Smooth Polygons」もオンにしておこう。

 見た目リアルなフィギュアだが、「おすわり」や「後ろ足で耳の後ろをかく」など、犬っぽいことをさせようとすると足がねじれてしまって結構厳しい。その代わり表情モーフは充実しているので、基本は立ちポーズで、表情を楽しむような感じで遊ぶといいんじゃないだろうか。

 続いて、ポーズ。

 ポーズのアイコンもフィギュアのアイコンと全く同じで、手抜き感が漂う。このポーズを適用すると何が起こるかというと、「デフォルト立ちポーズ」に戻るという感じだ。

 一応別売りでポーズ集 Mr Puggles poses and Expressionsが販売されているが、どれも微妙な立ちポーズのような気がする。

まとめ

 総合評価としては、造形とテクスチャ力は高レベルだが、Poserフィギュアとしての細かい作りこみに欠けるという感じだろうか。けどまあ、背景物の一つとしては、かなり使い勝手がよさそうである。せっかくなので、せいぜい使っていきたい。


 Mister Puggles

 パグのフィギュア。テクスチャ、モーフつきのパグフィギュアに、基本立ちポーズが一つ付属している。

 ※購入方法は、 Renderosityで買い物してみる を参考にして下さい。


 

関連:
パグフィギュア Mister Puggles
Renderosityで買い物してみる

次の力士用スーツセット Clothing Pack for Rikishi 2へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般 もくじ