恐竜フィギュア Blank BoiDR - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般

恐竜フィギュア Blank BoiDR

 男の血を熱くたぎらせる恐竜フィギュア、tyrannosaurusDRをゲット。


▲しゃぎゃあああ  ひぃぃぃ テクスチャ赤系を適用


▲ぐるるる テクスチャ緑系を適用

 バンプマップによる体表のでこぼこが、ものすごいリアルさをかもしだしている。不揃いな歯並びも、怖い。実物も、このくらいの大きさだったのかどうかわからないが、ちょうどPoser人間フィギュアを丸のみ出来そうなサイズだ。

付属物

  • フィギュア > Animals
    • ティラノザウルス本体
  • ポーズ > Animals
    • 恐竜ポーズ7種
    • テクスチャ切り替え用MATポーズ2種

 フィギュアから見ていこう。

 フィギュアを呼び出すと、赤っぽいテクスチャ付きで現れる。

 なぜか、額部分のでこぼこを、やけに細かく調整できるモーフが頭部(Head)に仕込まれている。あとは、目を閉じるモーフくらいで、特に面白いモーフは付属していない。まあ、あんまり表情が豊かじゃない方が、恐い竜なんだなあ、という感じがしていいのかも知れない。

 シッポ、首、舌は多関節で、関節を一個ずつ曲げていくのはめんどくさいなあ、と思ったら、パラメータひとつで多関節をぐにゃり、と曲げる便利モーフが付属していた。


▲Tail 1(しっぽのつけね)に仕込まれているTail Allというモーフ。


▲多関節がみごとに連動して上下

 この便利モーフは、Tail1(しっぽのつけね)、Neck1(首のつけね)、Tongue1(舌の付け根)に仕込まれている。

 続いてポーズ。

 威嚇したり、歩いたり、走ってる感じの静止ポーズが7種。やはり、独特の関節を持つフィギュアには、こういうポーズが付属しているとありがたい。

 そして、テクスチャが2種。赤っぽいのと緑っぽいやつ。

 赤っぽいのは岩場に、緑っぽいのはジャングルに居そうだ。わからないが。


▲うううぉおおおおああああ

 といったところで、今回の恐竜いじりを終わる。


 tyrannosaurusDR

  DAZ で販売している、ティラノザウルスフィギュア。7種のポーズと2種類のテクスチャが付属している。


 

関連:
DAZ3D3Dに無料登録してみる

次の事務員服 OL Suit for Mikiへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般 もくじ