事務員服 OL Suit for Miki - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般

事務員服 OL Suit for Miki

 2005年ごろに購入したのを忘れていて、3年近くたった先日、ようやくインストールした、OL Suit for Mikiを紹介してみたい。

 
▲ちょっと変な目つき

  Miki 用の、なんというか絵にかいたようなOLっぽい服だ。日本人クリエーターねこじゃさんの製品である。初代Miki専用で、Miki2には着せられないので注意しよう

付属品

  • フィギュア > Ol_suit
    • ブラウス
    • ベスト
    • スカート
  • ポーズ >Mat_ol_suit
    • ベスト・スカートの色変更MATポーズ 3種

 割とシンプルな構成。まずはフィギュアから。

 テクスチャは付属しておらず、一色塗り。もちろん、UV展開はちゃんとしてあって、自作のテクスチャを張り付けたり、別売りテクスチャセットなどを適用することが可能だ。でもまあ、あんまり派手なテクスチャを張り付けるよりも、地味な色合いの方が事務員っぽい感じがしていいんじゃないだろうか。

 ブラウスとベストには、「Open」というフルボディーモーフが仕込まれていて、なんというか、こんな感じに変形する。


▲んばっ 男の方は Koji

 「犯人は右胸にほくろがある」という特徴を強引に調べるようなシーンに使えたり、んー、まあ他にも色々使えると思う。

 スカートは、「Hip」を選択状態にすると、4種類の「まくりあげモーフ」が仕込まれていて、スカートの前後左右を少しだけまくりあげて遊ぶことが可能だ。「犯人は右太ももに」とか、もういいか。


▲スカートのHipには、めくりあげるモーフが付属

 ついでに、スカートのしわの作りをちょっと見ておこう。


▲表示モードをSmooth Linedに

 ポリゴンは粗めに作っておいて、仕上げ段階でしわ部分のポリゴンを三角または四角ポリゴンに分割して、手動でしわを作り上げる、という手法のようだ。

 続いて、ポーズ。

 黒、青、ピンクとそれっぽい色が用意されている。マテリアル内で使われているテクスチャは、一色の塗りつぶしなので、緑とか黄色も簡単にできると思う。

まとめ

 シンプルで安くて、日本のOL(事務員)っぽい服が欲しいなあというときには手頃じゃないだろうか。作りこみ度としては、まあ値段相応という感じである。


 OL Suit for Miki

 Miki 用の日本の事務員風制服。 3種類(黒、青、ピンク)に色を変更するMATポーズが付属している。

 

関連:
フィギュア紹介 Koji
フィギュア紹介Miki
Miki2.0 フィギュア紹介
フィギュア紹介Miki

次のリアルなバイク Road Eagleへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般 もくじ