V4 Shoe Pack2用テクスチャセット V4 Stylings - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > V4/A4

V4 Shoe Pack2用テクスチャセット V4 Stylings

  Victoria4 用ヒール・ブーツセット V4 Shoe Pack 2 用のテクスチャセット、V4 Stylings をゲット。


▲早すぎて何がなんだかわかんないムービー。 Victoria4 + V4 Ranger 付属の髪 + V4 Basic Wear(水着)

 オリジナルテクスチャはパッとしない感じだったが、このテクスチャセットを適用することで結構使えそうな色が増えるのだ。 プラチナクラブ 価格$1.99である。なお、念のために書いておくと、 テクスチャセットなのでこの製品単体だけ購入しても使えない。 V4 Shoe Pack 2 があってはじめて使えるということだ。

付属品

  • ポーズ > HMG V4 Stylings
    • ヒール・おしゃれヒール・ブーツ用のテクスチャ適用MATポーズ各2種類
  • マテリアル > HMG V4 Stylings
    • ヒール・おしゃれヒール・ブーツ用のテクスチャ適用マテリアル各2種類


▲MATポーズ


▲マテリアル

 同じ内容っぽいのが二種類付属しててなんなの?と思ったが、実は「マテリアル」の方を適用しないとバンプマップなどが適用されず、質感がものたりないものになっていまう。「ポーズ」の方は、Poser4以前用、Poser5以降のユーザはマテリアルの方を適用しろということらしい。まあ、よく見るとマテリアルの方の愛kンには「P6/P5」と書いてある。


▲テカリ部分の質感をよーく見ると、少し違う

 らしいのだが、次回使うときには結局忘れて、ポーズの方を適用してしまいそうな気がする。

 なお、以下の画像はそのことに気付かず、MATポーズの方を適用してレンダリングしてしまったのだが、もうめんどくさいからこのまま行こう。

  ヒール用テクスチャは赤と花柄つき青の二種類。ドレスなんかと合わせるといい感じだと思う。

 おしゃれヒール用はパープルとピンク。セクシー系の服に合わせる感じだろうか。

 ブーツはこの三種類。ベルトやジッパーなどがテクスチャとして書き込まれており、ショート・ミドル・ロングブーツ共通テクスチャとなっている。

 ショート・ミドル・ロングにそれぞれ適用するとこんな感じ。よーく見ると、ジッパーの「つまみ」が二か所にあって、おかしいと言えばおかしい。


まとめ

 V4 Shoe Pack 2 を持っているなら、合わせて購入しておくと服の幅が広がるアイテムと言えるだろう。 というか、靴なんかアップにしてレンダリングしねーし、これで充分だという人向けのアイテムかも知れない。


V4 Stylings

 V4 Shoe Pack 2 用のテクスチャセット。ヒール・おしゃれヒール・ブーツ用にそれぞれ二種類のテクスチャが付属している。

 

関連:
定番女性Poserフィギュア Victoria4.2紹介
森の狩人セット V4 Ranger
$1.99のハイヒール・ブーツセット V4 Shoe Pack 2
V4 Shoe Pack2用テクスチャセット V4 Stylings
Victoria4 紹介
DAZ3D プラチナクラブに入会してみる

次のデフォルメの効いたキャラクターセット MH Anny for V4A4へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > V4/A4 もくじ