都会の闇狩人 Shadow Dancer for V4  - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > V4/A4

都会の闇狩人 Shadow Dancer for V4 

 都会の闇を狩る、という感じの服、 Shadow Dancer for V4 をゲット。


Aiko4 に着用。 髪は Filosofy HairDAZ STUDIO 3.0 でレンダリング。

 なんと、驚くべきことに当分の間無料でゲットできる。(と思ったら、無料期間は終わっていた。)造形とテクスチャがすばらしい、かなり高クォリティの服なので、持ってない人はぜひゲットしておこう。

付属物

  • フィギュア > LM ShadowDancer
    • シャツ
    • パンツ
    • すね当て(?)
    • ひざ当て(?)
    • ガンベルト
    • ナイフベルト
  • ポーズ  > LM ShadowDancer
    • 各種パーツにテクスチャを適用するMATポーズ
    • シャツを長そで、半そで、ノースリーブにするポーズ
  • 小物  > LM ShadowDancer
    • 銃(手、ホルスターにペアレント)
    • ホルスター
    • ナイフ(右手、左手、足にペアレント)

 順に見ていこう。まずは、フィギュアから。

 パッと見ると全身黒っぽくて、なんだか地味な感じ。闇の狩人としては正しい色使いだが、もうちょっとこう実用性よりかっこよさを優先しちゃったようなワンポイントがあってもいいんじゃないかと思う。

 ただ、造形は服としての説得力があり、テクスチャもリアルな汚しが入っていて、素晴らしい出来だ。


▲リングを使ったベルト、錆びや汚しなど、すばらしい出来。

 面白モーフなどは特に付属していないが、 Victoria4 の他に、 Aiko4 体型にも対応できる。

 続いて、ポーズ。

 各パーツは、呼び出すとすでにテクスチャが適用されているので、これらのMATポーズを改めて適用する必要はない。おそらく、別売りテクスチャなどを購入した時に「デフォルトの状態に戻す」ためのものだと思う。シャツのそでポーズは、シャツを選択状態にしてから適用すると、半そでや袖なしにすることが可能だ。


▲半そでにしてみたところ

 最後に、小道具。

 ナイフと銃が武器、というところが王道というか、シンプルな感じ。銃はちょっと現実離れしたデザインだが、重さを感じさせるリアルテクスチャで補っている感じ。


▲銃

まとめ

 なかなか良く出来たボディースーツ。華やかさには欠けるが、なんか適当な服着せてレンダリングしたい、というときにはなかなかいいんじゃないだろうか。

 何よりも、無料なのがうれしい。何も考えずにゲットしとけばいいんじゃないだろうか。


 


 Shadow Dancer for V4

 Victoria4 , Aiko4 に着用可能な黒のボディースーツ。良く出来た形状に、リアルテクスチャが付属している。

関連:
Aiko 4 Baseフィギュア
DAZ STUDIOをインストール
さらさらロング髪 Filosofy Hair
さらさらロング髪 Filosofy Hair
定番女性Poserフィギュア Victoria4.2紹介
Victoria4 紹介

次の濡れてスケスケになるTシャツセット rg WetTshirt for V4A4G4Eliteへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > V4/A4 もくじ