申し訳なくなるほどリアルすぎるキャラクターセット The Metropolitan Collection - Lyon and Paris V4.2 - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > V4/A4

申し訳なくなるほどリアルすぎるキャラクターセット The Metropolitan Collection - Lyon and Paris V4.2

 ついにPoserはここまで来た。


Lyon


Paris

 Lyon&Parisは、Victoria4用のキャラクターセット。morph++が必要だ。
 モーフ+テクスチャのセットである。 


V4用キャラクター LyonSSSシェーダー用)


Paris

このキャラクターセット、とにかくテクスチャ力がすごい。
お気に入りのキャラクターセットがあったら、テクスチャだけ差し替えてみても面白いかも知れない。

 


V4にテクスチャだけ適用したところ。 目…目が!生きている!

 たまにネットで、「ホンモノにしか見えないCG」がウワサになるが、
 このキャラクターをレンダリングすると、ホンモノにしか見えないのだ。

 そんなホンモノっぽいフィギュアを、全裸でシーン内に呼び出し、ポージングのためとは言え、
 私の思い通りに動かすわけだ。

 ああ、すみませんすみません。本当にすみません。
 セクハラのつもりは全くないんです。あ、もうちょっと足開いてもらっていいですか。
 ちょっと、操作が重いんで、一時的に服を脱がしますね。・・・と、いちいち確認を取りたくなる。

 何が決め手になっているのかわからないが、私の目は、この人・・・フィギュアを「ホンモノの人間」として、認識しているのだ。

 作者は、 Renderosity で活動しているベンダー、Danaeさん。
 ずいぶん前から「超リアルな、キャラクターセット」という路線を続けておられるようだ。

なんで、そんなリアルに見えるの?

 私は、Renderosityでこのキャラクタを見かけ、作者本人の写真だと思っていた。すごいキレイな人だなーと。
 しかし、それは Victoria4 用のキャラクターデータだったのだ。

 私は、数秒後に、このデータを購入していた。
 いったい、どういうワザを使って、そんなリアルに仕上げているのか、興味があったからだ。
 見せろ。いかなる技術で、こんなリアルさを実現しているのか、その秘密を見せろぉお!

 調べた結果、決め手はSSSシェーダーらしかった。

  • マテリアルはかなり複雑に合成している。
  • ディフューズ用テクスチャ、バンプマップ用テクスチャのほか、スペキュラ(テカリ)用テクスチャを使用している。
  • SSSシェーダー(肌にscatter, 目にsubsurface skin)を使用している。

付属物

 キャラクターLyonParisの二人分のデータが付属。

  • ポーズ > Danae
    • Lyon
      • LyonSimple キャラクターLyonのMATポーズ(シンプル版)
      • LyonSSS キャラクターLyonのMATポーズ(SSSシェーダー使用版)
    • Paris
      • ParisSimple キャラクター ParisのMATポーズ(シンプル版)
      • ParisSSS キャラクター ParisのMATポーズ(SSSのシェーダー使用版)

 使い方を平たく書くと、こう。

  1. Victoria4 をシーン内に呼び出し、
  2. Victoria4の体のどっかをクリックして選択状態にしてから、
  3. 上記のポーズを適用

 そうすると、体型がめっきょめきょっと変形し、テクスチャも差し替わって別人になるというわけだ。

 順番に見ていこう。最初は、LyonSimple(キャラクタLyonのシンプル版)から。

 Poser9/PoserPro2012ユーザは、当然SSSシェーダー版が目当てだと思うので、シンプル版はあまり使う機会がないと思うが、
 とりあえず使い方。

  1. Victoria4に、!!Lyon_INJを適用。体型がLyonになる。
  2. !Lyon_Baseを適用。テクスチャがLyonになる。髪つきテクスチャが良ければ、!Lyon_Hair_Baseを適用。
  3. 眼の色や、お化粧具合、唇の色を変えたければ、Eyes_xx、Head_xx、Lips_xxのうち、好きなのを適用。
  4. まつ毛を黒くする、Lashes_Blackという特殊なのもある。

 SSSシェーダー使用版は、ほとんど同じで、1つだけアイコンが増える。

 目の輝きを控えめにするものかなあ、と思うけど、よくわからない。

 続いて、Paris(シンプル版)。

 Lyonよりも若干、バリエーションが少なめだ。

 ParisSSSシェーダー版)も、やっぱり1つだけアイコンが多い。

SSSシェーダー版は、どんなマテリアルが適用されるのか!?

 こんな感じ。ぐぉう、複雑だ。けどまあ、落ち着いてつながり方をたどって行くと、
 そんな特殊なことはしていないっぽい。

 これをパクッて、他のキャラクタに適用すれば、恐るべきリアルさが再現できるのかも知れない。

 そんな感じ。久しぶりにワクワク感を感じつつ、今回の覚書を終わる。


 The Metropolitan Collection - Lyon and Paris V4.2 

 Victoria4 用の超リアルキャラクターセット。

 LyonParisという2種類のキャラクタ用モーフ&テクスチャが付属。
 使うためには、DAZVictoria4 が必要。

 SSSシェーダを使うには、Poser9(PoserPro2012)が必要。

 一応、古いバージョンのPoser用にシンプルシェーダも付属している。

 

関連:
Renderosityに会員登録してみる
DAZ3D3Dに無料登録してみる
申し訳なくなるほどリアルすぎるキャラクターセット The Metropolitan Collection - Lyon and Paris V4.2
申し訳なくなるほどリアルすぎるキャラクターセット The Metropolitan Collection - Lyon and Paris V4.2
顔のつやをリアルにしてみる(SSS適用)
定番女性Poserフィギュア Victoria4.2紹介
Victoria4 紹介

次のエロいだけじゃない、脱げモーフも満載のセクシー忍者服 Kunoichi for V4/A4へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser最新版情報
PoserPro2014ファーストインプレッション!
これがPoserPro2014の実力か!レイトレースプレビュー、コミックプレビュー、そして物理演算がわがPoserに!
Poser10/PoserPro2014の日本語版でたー!
やはり安心の日本語版がついにきた。私も最初は日本語版にしておけばよかったなぁ。
Poser製品情報に、さらに詳細な情報があります。 Poser製品情報に、さらに詳細な情報があります。
Poser覚書> フィギュアレポート > V4/A4 もくじ