G2ジェームス紹介 - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般

G2ジェームス紹介

 ジェームスのバージョン2,G2 Jamesを紹介してみたい。

 Poser6を持っている人は、ただで入手できる。入手方法は、ジェームスの新バージョン G2 Jamesが無料を参照して欲しい。

  フィギュアには、以下が付属している。

  • JamesG2 通常フィギュア
  • JamesG2 Alternate (顔だけJamesG2、体は初代ジェームス。初代ジェームスの服を使える)
  • JamesG2 DEV(オリジナルフィギュア開発用?)
  • G2 Genitals(ポコチン)

 ちなみにポコチンは、呼び出した後、「フィギュアに着用」させる必要がある。服扱いかよ。

 画像はここには乗せないがポコチンの「直立」パラメータをいじってもちゃんと直立しない。せいぜい、ああ、もっこりしているのかな程度の直立具合なのだ。どうでもいいが。

 JamesG2を呼び出してみる。



 ふむふむ。パッと見た感じは何が変わったのかよくわからない。顔をアップにしてみよう。

ちょっといい人っぽく?

 なんだか、ちょっと善良な人になったような感じ。眉毛は薄い。付属物はこんな感じだ。

  • テクスチャ
  • 表情
  • ポーズ
  • モーフターゲット

 順に見ていこう。

髪

 髪は、長髪とチリチリパーマ風のが付属している。もっとこう、普通の髪型をつけてくれるとありがたいのだが、仕方あるまい。


 ダイナミックヘアタイプの髪。レンダリングしてみると、そんなにちりちりでもないのだが、こんな髪型のやつは見たことがない。おかしい。あきらかにおかしい。そして、特にかっこよくもない。

 こちらはフィギュアタイプの髪だ。髪の「首」を選択すると、色々モーフターゲットが仕込まれてて、髪をなびかせることが出来るようになっている。また、マテリアルルームで髪のテクスチャを切り替え可能だ。

 とりあえず、両方とも変な髪だと言っておこう。Poser6に付属している初代ジェームス用の髪は使えないのだろうか。

Kozaburo メッシュヘア

 よーく見ると、一部額がハミ出しているのだが、無理をすれば使えないこともない。はみ出し部分はマグネットなどでなんとかなるだろう。ひとまず、安心だ。

 テクスチャというか、マテリアルも複数付属している。マテリアルルームで、フィギュアを選択してから該当マテリアルを適用する感じだ。本体用とポコチン用がそれぞれ3種類。

 「Basic」「Advanced」「Advanced2」という感じだ。Basicはノーマルだとして、Advancedの二つはSSSなどを適用してあるっぽい。早い話が、肌のテカり方などがリアルということだ。


▲Basicを適用


▲Advncedを適用


▲Advanced2を適用

 うーん、あまり違いがわからない。


▲Advanced2 ライトをIBL+環境閉塞に

 ライティングをIBL+環境閉塞に変えるとまた雰囲気が違ってくる。リアルといえばリアルだ。

 次に表情データ。各種そろっている。怒り、悲しみ、威嚇、驚きなどに加え、「ランダム表情」もついてる。適用するたびに適当に顔の表情を変えてくれる特殊なデータだ。それにしてもアイコンの顔は、不気味だ。眉毛の色が薄い上にライトの当て方が怖すぎる。


▲ランダム表情を適用

 続いてポーズデータ。初代ジェームスに付属していた一連のポーズに加え、「G2 Animations」と「G2 Still Poses」が追加されている。

ポーズ
▲ポーズデータ

 特に、G2 Animationsは面白い。どれもこれもリアルに動く。ジャンプやパンチ、ロボットの動きなど。パンチは殴るほうと殴られるほうのポーズがついてる。

 最後に、モーフターゲットを見てみよう。JamesG2のボディを選択状態にして、パラメータ/特性パレットを見てみると。

フルボディモーフ
FBMフルボディモーフ

 Ectomorphで筋肉がなくなった感じに。

 Endomorphでおでぶさんに

 Mesomorphでムキムキに

 最後のFeetNaturalは見た感じ、何も変わらなかった。

 FBMとは別に、「Advanced Body Control」という凄そうなのが追加されていた。

 「UpperBody(上半身)」「Arms(腕)」「Legs(足)」に分類されたパラメータをいじると、両手を挙げたり、横を向いたりするのだ。今までパーツをひとつひとつ曲げなければならなかったのだが、これが導入されたことによってポージングの効率が大幅にあがる、かも知れないなと思った。

 ただ、Legsに分類されたパラメータが全く機能しないのが気になったが、なあにリリース直後にモノがまともに動かないという事態には慣れている。いずれ修正されるだろう。

 そういえば、初代ジェームスとは互換性がないということだったが、服は着られないんだろうか。

 割と豪快にはみ出しまくり。体のパーツを非表示にしたり、マグネットで位置調整すれば、着られないこともないがちょっと大変そうだ。

 そんな感じで、G2ジェームスの紹介を終わる。

関連:
フルボディモーフでデブキャラやせキャラを作る
G2ジェームス紹介
顔のつやをリアルにしてみる(SSS適用)
フルボディモーフでデブキャラやせキャラを作る

次の力士フィギュア Rikishi紹介へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般 もくじ