力士用スーツセット Clothing Pack for Rikishi 2 - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般

力士用スーツセット Clothing Pack for Rikishi 2

 ふとっちょフィギュア Rikishi 用のスーツセット Clothing Pack for Rikishi 2をゲット。


▲とっても偉そうな巨大社員


▲腹圧でスーツのボタンを飛ばす巨大社員


▲パーティ会場で上機嫌の巨大社員


▲泥酔して、朝、電柱付近で発見される巨大社員 (パンツは Rikishi本体に付属のもの)

 もともと暑苦しい Rikishi を、さらに数倍暑苦しくさせる破壊力のある服セットと言えるだろう。

付属物

  • 小物(小物カテゴリにあるが、実はフィギュア形式)
    • ビジネスシャツ
    • スラックス テクスチャ3種
    • シャツの襟 2種
    • スーツシングル テクスチャ3種
    • スーツダブル テクスチャ3種
    • スーツ ベストつき テクスチャ3種
    • ネクタイ テクスチャ3種
    • 蝶ネクタイ テクスチャ3種
    • ビジネスシューズ
  • ポーズ
    • スラックス、スーツ、ネクタイのテクスチャ切り替え用MATポーズ

 服は全て、小物(props)カテゴリに入っているが、フィギュア形式だ。

 形状は同じでテクスチャだけが違うものも、別アイコンで用意されている。これはこれで、一発で欲しいテクスチャのついた服が呼び出せるので楽だ。

 スーツのフルボディモーフには、前を開けたり、裾をひらひらさせる(歩き・走りポーズ時などに使用?)ものが付属している。あとは、腹を出すモーフ(abdomen_expand)で、 Rikishi が腹の出るポーズを取ったりしたときにはこれで調整するようだ。

 また、服着用時にはシャツを着てからスーツを着る必要はない。裸の上にスーツだけ着れば、ちゃんとスーツの内側にシャツを着ているような形状になっているのだ。あとはさらに、エリ(Coller)を着用し、必要ならネクタイも着用させればOK。

 続いてポーズ。たとえば、スーツを呼び出してから、別のテクスチャに張り替えたいな、というときに使うようだ。対象の服を選択状態にしてから、目的のMATポーズを適用すればOK。

 モーフで太らせただけのキャラとはワケが違う、真のデブキャラ Rikishi 。スーツを着せることによって、絵に描いたような偉そうな社長が出来上がるのだ。面白モーフなどは特にないが、手堅くきちんと作られている感じ。デブキャラのバリエーションを増やすという意味では、なかなかいい服セットである。


Clothing Pack for Rikishi 2

  Rikishi 用のスーツセット。スーツ3種、シャツ、ネクタイ、スラックス、靴と、各アイテムごとにテクスチャ数種が付属している。

 ※購入方法は、 Renderosityで買い物してみる を参考にして下さい
 

関連:
力士フィギュア Rikishi紹介
Renderosityで買い物してみる
フルボディモーフでデブキャラやせキャラを作る

次のアニメ調フィギュア Toon character "Himeko" & Wear setへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般 もくじ