リアルすぎる テクスチャ&モーフセット V4 Elite Bundle - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > V4/A4

リアルすぎる テクスチャ&モーフセット V4 Elite Bundle

  Victoria4 用のテクスチャ&モーフバンドル、V4 Elite Bundleをゲット。

 
▲テクスチャ「Lana」、モーフ「Utopian」を適用  髪は Bechet Braids

 V4 Elite Bundleというのは、3タイプのシェイプ(顔、体型モーフ)と3タイプのマテリアルがセットになった、「キャラクターセット」のようなもの。

 上記のレンダリング例「Utopian」+「Lana」は、スマート巨乳+美しく白い肌という組み合わせが、私の魂の根源部分に強く響くので、好んで使用している。

 実在の人物から全身の画像を取り込んで、プロの3Dアーティストが細心の注意でテクスチャ化したということだ。単なるテクスチャではなく、「DAZの本気マテリアル」とでも言うべき複雑なマテリアル設定がなされている。

  DAZ STUIDIO の場合は、そんな複雑なマテリアルが設定できないため、Elite Human Surface Shaderというのが付属していて、リアルにレンダリングされるようだ。また、Carrara用テクスチャまで付属している。

 Eliteシリーズは、単品でも販売されているが、このバンドルには、3人分のテクスチャ、モーフ、ポーズセットが付属。念のため書いておくと、 Victoria4 本体がないと使えないので注意しよう。

IBL/HDRIライト使用時の注意!

使い方で、一つ注意。IBLを適用したライトを設定したら、目の周りが不自然に暗くなる。

いろいろ調べてみた結果、これは、ライトにもAOが設定されていて、さらにVictoria4本体にもAOが設定されているので、おかしなことになってしまったようである。
本当はどうなのかよくわからないが、IBLライトのAOをオフにしたら、キレイにレンダリングできた。


▲IBLライトを使って、きれいにレンダリングできた例 。髪は Radiant Jaguar Hair を使用。

 一応「きれいにレンダリングするための手順」を覚書しておこう。

  1. Victoria4にマテリアル(with AOとついてるやつ)を適用
  2. Poser7デフォルトでついているIBLライトを適用
  3. IBLライトのPropertiesにある「Ambient Occlusion」をオフにする
  4. レンダリングオプションの「Raytrace」をオン、Min Shading Rateを小さめ(0.2くらい)にする


▲IBLライトのAmbient Occlusionのチェックをオフに

付属物

以下の単体プロダクトがセットになっている感じ。

 なお、DAZ STUDIO 用のElite Human Surface Shader は、テクスチャをインストールすると自動的にインストールされるようだ。

V4 Elite Texture: Mayaの付属物


▲テクスチャMayaを適用。 日本人ぼくなったような?

  • マテリアル V4Elite>Maya
    • 肌のマテリアル4種 (AOなし用2種、 AOあり用2種)
    • 目のマテリアル4種(AOなし用2種、AOあり用2種)

 このセットには、フィギュア本体は付属していないので、まずは Victoria4 を呼び出そう。そんでもって、テクスチャはマテリアルとして提供されているので、マテリアルルームに切り替えてから、対象オブジェクトをVictoria4に指定して、マテリアルを適用する必要がある。


▲マテリアルルームで対象オブジェクトをVictoria4

 適用すると、くらくらするような複雑なマテリアルが設定される。画像として、「テクスチャ」「バンプマップ」(でこぼこを表現するテクスチャ)「スペキュラマップ」(自然なテカリを表現するテクスチャ)が付属しているが、この辺を差し替えれば他のフィギュアでも応用が効きそうな感じ。


▲超複雑な設定 ひー

 なお、レンダリング時には、レンダリングオプションの「Min shading rate」を小さめ(0.2くらい?)にしておこう。そうしないと、このセットの売りである「超リアルな肌感」が実感できないのだ。

 

 つづいて、V4 Elite Texture: Amy 。体の「そばかす」が特徴のようだ。


▲テクスチャAmyを適用。そばかすが魅力?

  • マテリアル V4Elite>Amy
  • 肌のマテリアル4種 (AOなし用、 AOあり用が一つづつ)
  • 目のマテリアル4種(AOなし用2種、AOあり用2種)

 なぜか他の二人に比べて、肌のマテリアルが少ない。何でなのかは不明だ。

 最後に、V4 Elite Texture: Lana


▲テクスチャLana適用

  • マテリアル V4Elite>Lana
    • 肌のマテリアル6種 (AOなし用、 AOあり用が一つづつ)
    • 目のマテリアル4種(AOなし用2種、AOあり用2種)

 他の二人に比べ、肌のマテリアルが多め。

 ちなみに商品画像の髪はBelle Arum Hairのようだ。


▲この、後ろだけくるくるした髪

 いくらリアルでも3種類もあったらもてあましちゃうよなあ。というわけで、単体で買う人は、 こんな感じで選ぶといいだろう。余計な御世話だが。

  • 日本人っぽい肌がいい … Maya
  • 白人の肌がいい … Lana
  • そばかすのある肌がいい … Amy


▲左から、Maya、Lana、Amyのテクスチャを適用した例

 次にポーズ集、V4 Elite Life Poses

 グラビアアイドル風のポーズ集で、いったい何がLife Poseなのか。

  • ポーズ DAZ's Victoria4>Life Poses
    • 立ちポーズ 13種
    • 座りポーズ 28種

 まあ、あったらあったで使うかなあ、という感じ。

 最後に、V4 Elite Body Shapes

  • ポーズ DAZ's Victoria4 > Morph Injections
    • V4 Elite モーフ一括設定用(INJ)ポーズ
    • V4 Elite モーフ一括削除用(REM)ポーズ
    • V4 Elite モーフ個別設定用ポーズ(Utopian、Fantasia,SylphそれぞのれHEAD、BODYと、女性生殖器用モーフGenital Crease2)

 通常は、ポーズ> DAZ's Victoria4 > Morph Injectionsにある「INJ Elite V4」をVictoria4に適用すればOK。これで、フルボディモーフや、顔(Head)のモーフが追加されるので、好みのパラメータを1.0に設定すれば体型や顔が変形する。REM Elite V4は追加したモーフターゲットを除去するためのものだ。

 私は今まで「REM」(Removeの略)ポーズを使ったことはないが、使い込んでいくうちに必要になる場面が出てくるのかも知れない。


▲一括INJ、REM用


フルボディモーフにElite用モーフが追加された

いちおう書いておくと、好みのEliteパラメータを「1.0」にすると、体型が変わる。頭部を選択して、頭部のEliteパラメータを「1.0」にすると、顔が変わるのだ。
なお、複数のEliteパラメータを全て1.0にしたりすると、おかしなことになるので注意である。

 さらに、 ポーズ> DAZ's Victoria4 > Morph Injections には、モーフを個別に追加するためのINJポーズが用意されている。必要なモーフだけを選んで適用することで操作が軽くなるらしいのだが、私はいつもめんどくさいの一括モーフをどばっ、と入れているため、どの程度軽くなるかはよくわからない。


▲個別INJ用

 GenitalCrease2のアイコンは、そんなモロでいいのかと思ってしまう。モーフ自体はこう、単に申し訳程度の立体感がつくというか、割と適当な感じだ。

 モーフ適用時の顔と体型は以下の通り。

 左から、ノーマルVictoria4、Utopian、Fantasia、Sylphだ。


▲体型のみ変更

 なお、V4 BasicwearVictoria4.2 Completeに付属している水着っぽいやつ)は、体型適用モーフにElite用のが追加されたようである。購入済みの人は、購入履歴をリセットして再ダウンロードすると最新版がゲットできるはずだ。(参考:DAZで期限切れアイテムを再ダウンロード) 探せば、他の既存服もこっそりEliteに対応していたりするのかも知れない。

 まとめ

 私はBundleを購入したが、テクスチャセットだけ単体で購入しても良かったような気がしてきた。まあ、せっかくなのでもうちょっといろいろ遊んでみることにしたい。


 V4 Elite Bundle

 テクスチャ、モーフ、ポーズ集のバンドルセット。以下の製品がパックになっている。


 

関連:
$1.99のクォリティ高いおさげ髪 Bechet Braids
DAZ3D3Dに無料登録してみる
DAZ STUDIOをインストール
DAZ3Dで期限切れアイテムを再ダウンロード
V4用サラサラヘア Radiant Jaguar Hair for V4
定番女性Poserフィギュア Victoria4.2紹介
リアルすぎる テクスチャ&モーフセット V4 Elite Bundle
リアルすぎる テクスチャ&モーフセット V4 Elite Bundle
Victoria4 紹介
定番女性Poserフィギュア Victoria4.2紹介
フルボディモーフでデブキャラやせキャラを作る

次の妖精っぽいキャラクタセット Thistledown for V4/A4へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser最新版情報
PoserPro2014ファーストインプレッション!
これがPoserPro2014の実力か!レイトレースプレビュー、コミックプレビュー、そして物理演算がわがPoserに!
Poser10/PoserPro2014の日本語版でたー!
やはり安心の日本語版がついにきた。私も最初は日本語版にしておけばよかったなぁ。
Poser製品情報に、さらに詳細な情報があります。 Poser製品情報に、さらに詳細な情報があります。
Poser覚書> フィギュアレポート > V4/A4 もくじ