デフォルメの効いたキャラクターセット MH Anny for V4A4 - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > V4/A4

デフォルメの効いたキャラクターセット MH Anny for V4A4

  Renderosityにて、 Victoria4 / Aiko4 用キャラクターセット、Anny for V4A4をゲット。 使うためにはVictoria4 本体に加えて、 Victoria4.2 morph ++が必要だ。


Lolipop Hair (髪) と、 V4A4 OfficeSet (OL服)との組み合わせ

 
▲鎧は Angeluz Fantasy Armor 、 髪は Posh Hair


▲ついでに、簡単なムービー

 タイトルに「デフォルメの効いた」と書いてしまったが、それが適当な言い回しかどうかちょっと自信がない。3D格闘ゲームや、プレステ2なんかのムービーに出てきそうな、割とすんなり受け入れられそうな顔立ちのキャラクターである。

 こんな日本人受けするような顔を作れる人がいるんだなあ、と感心していたら、制作者はManiHoniさんという日本人クリエーターの方だった。日本人だから、日本人受けするものを作れる、というワケではないと思うが、とにかくそこいらにたくさんあるキャラクターセットに比べると、格段にイケてると言えるだろう。

付属物

  • ポーズ > MH Anny for A4  
    • Anny頭部モーフ用INJ/REMファイル
    • Annyボディパラメータ設定用INJ/REMポーズファイル
    • テクスチャ適用MATポーズ (陰毛あり/なし)
    • 目の位置修正用ポーズ
    • 目のテクスチャ適用MATポーズ x3
    • 唇のテクスチャ適用MATポーズ x4
    • 爪のMATポーズ x3

 使用方法としては、こんな感じ。

  1. Victoria4 Baseフィギュアを呼び出す(または、Aiko4 Base
  2. INJ morph++ Victoria4 を適用
  3. Anny用のHEAD INJを適用して、頭部をAnny形状にする(ただし、Victoria4用の髪はそのままでは着用できなくなる)
  4. (必要なら)Anny用のBODY INJを適用して、体をAnny形状にする(ただし、Victoria4用の服などはそのままでは着られなくなる)
  5. Anny用NoPubicHairMat(または、PubicHairMat)を適用して、テクスチャを適用
  6. 目、唇、爪、アイシャドウのテクスチャを変えたい場合はそれぞれ適用

 

 まず、HEAD INJを適用しないと始まらないのだが、適用してしまうと髪がフィットしなくなる。

 だが、服と違って髪をフィットさせるための調整は割と簡単なので、パラメータをちょちょいといじって大きさを合わせてしまおう。


Posh Hairの調整例

  Posh Hair の場合は、上記の3パラメータを調整するだけで済んだ。きっと、他のVictoria4用の髪も上記のように変更すればフィットするんじゃないだろうか。髪によっては、yTran(y位置移動)の調整も必要かも知れない。


▲フィットした

 ボディINJを適用すると、体型の各パラメータが微調整されるが、私は服から身がはみ出すと思って、パスした。まあ、多少はみ出してもモーフパテなどで対応すればいいのだが、ちょっとめんどくさかった。

 また、一般ポーズ適用時などに、目の位置がずれる、というかデフォルトに戻ってしまうことがあるので、そんなときは「Eye Fix」を適用して、目玉を調整しよう。


▲目玉がズレたら、Eye Fixで元に戻そう。

表情モーフはA4用を使おう

 表情モーフは、デフォルトのBase用ではなく、Aiko4用を使おう。Baseは顔のしわなどもリアルに出てきてしまって、デフォルメ調キャラクターだと違和感が出てきてしまう。

 →参考 MH Annyの表情モーフ

EXTRA BONUS(おまけデータ)をもらう

 RenderosityのSite Mailで、ManiHoniさんにオーダー番号を添えてメールすると、おまけデータがもらえる。これは、MH Anny for V4A4を購入した人だけがもらえるとのことだ。

 Site Mailというのは、Renderosityを通して送るメールのようなもの。送るための手順は以下の通り。

 

Renderosityにログイン

 まずは、オーダー番号(Order #)を確認しておこう。

Renderosityのメインメニューから、Members→MyAccountを選択

 購入履歴がずらりと表示される。Order#のとこに表示される数字をメモるなり覚えるなりしよう。どれが、MH Anny for V4A4だかわからない場合は、オーダー番号をクリックすると詳細が表示されるので確認しよう。

Renderosityの右にある「Member Links」から「Site Mail」をクリック

Site Mail画面が開くので、「Compose Message」(メッセージを作成)をクリック

宛先を「manihoni」、本文にオーダー番号を書く

 ちなみに、普通に日本語で書けるので、無理して英語で送る必要はない。上の文面だと「MH anny のエクストラボーナスちょうだい!」という、なんというか、ストレートに用件だけ伝えるような感じになるので、気になる人は感想や励ましの言葉などを添えて送るといいんじゃないだろうか。

 たぶん、数日以内にはダウンロードリンク入りのSite Mailの返信をいただけると思うので、ありがたくもらおう。


▲ありがたくいただいたExtra Bonus。

まとめ

 アニメに出てきそうな人が3D化したような、デフォルメが効いたキャラクターセットである。そこそこ手頃な値段なので、顔が気に入った人は購入してみればいいんじゃないだろうか。若干マダム風味のキャラクター、MH Kalin for V4もリリースされている。


  Anny for V4A4

 Victoria4用のカスタムキャラクターセット。全身テクスチャに、目、アイシャドウ、唇、爪用テクスチャも数種類付属している。

 使用するためには、 Victoria4 Base に加え、Victoria4.2 morph ++が必要。

 ※ 購入方法は、 Renderosityで買い物してみる を参考にして下さい。

関連:
INJ、REM、MATってなに?
Renderosityに会員登録してみる
Aiko 4 Baseフィギュア
Aiko 4 Baseフィギュア
二刀流女戦士よろい Angeluz Fantasy Armor for V4/A4
あどけない感じのロングヘア Lolipop Hair
デフォルメの効いたキャラクターセット MH Anny for V4A4
MH Annyの表情モーフ
ボブカットふうショートヘア Posh Hair V4/A4/A3/V3
Renderosityで買い物してみる
定番女性Poserフィギュア Victoria4.2紹介
リアルしわつきOLスーツ V4A4 OfficeSet
Victoria4 紹介

次のセクシードレス Mini Dress A4/V4へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser最新版情報
PoserPro2014ファーストインプレッション!
これがPoserPro2014の実力か!レイトレースプレビュー、コミックプレビュー、そして物理演算がわがPoserに!
Poser10/PoserPro2014の日本語版でたー!
やはり安心の日本語版がついにきた。私も最初は日本語版にしておけばよかったなぁ。
Poser製品情報に、さらに詳細な情報があります。 Poser製品情報に、さらに詳細な情報があります。
Poser覚書> フィギュアレポート > V4/A4 もくじ