セクシー将校 Sexy Officer Suit - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > V4/A4

セクシー将校 Sexy Officer Suit

 セクシー将校スーツ、Sexy Officer Suitをゲット。


Aiko4 に着用。ブーツは、 V4 Shoe Pack 2 、髪は FOXY Hair

 将校というか、水兵さんというか、最近は、何がセクシースーツ化されるか油断できない。恐ろしい時代である。

付属物

  • フィギュア
    • セクシー将校スーツ(上)
    • セクシー将校スーツ(下)
    • グローブ(左右)
    • 帽子
  • テクスチャ
    • 各パーツの白系・黒系テクスチャ

 わりとシンプルな感じ。順に見てってみよう。まずはフィギュアから。

 それぞれ、呼び出すと白系テクスチャつきでシーンに現れる。A4体型へのフィットは、各服のフルボディモーフ(Fit → Fit for A4)を手動で変更して行う。あとは、スカートをひらひらさせたり、開き具合を調整するモーフとか、服の胸回りをさまざまな大きさに対応させるモーフなどが一通り仕込まれている。

 ところで、この服にはスカートに重大なミスがあり、服を着せたフィギュアを「名前を付けて保存」したあと、呼び出すと「down.obj」が見つからない、という変なエラーが出るのだ。それを無視して、無理やりレンダリングするとこうなる。


▲スカートが!

 回避するには、スカートのcr2ファイルを書き換える必要がある。

修正箇所:<Poserインストールフォルダ>\Runtimer\Libraries\Character\Sexy officer suit\Officer suit down.cr2の75行目。

修正内容

figureResFile :Runtime:Geometries:Sexy officer suit:Officer suit:down.obj

    ↓

figureResFile :Runtime:Geometries:Sexy officer suit:Officer suit down.obj

 

 要するに、down.objの前についている「:」を半角スペースに置き換えればOK。修正が不安な人は、修正前ファイルのコピーを取っておくなりなんなりしておこう。

 ふう、これでひと安心。


▲無事にスカートが出てきた

 続いてポーズ。

 基本カラーの白に加えて、黒系テクスチャが用意されている。黒地にオレンジ、というちょっとスポーティな感じのする組み合わせ。個人的に、黒にオレンジは好きだ。


▲黒系テクスチャを適用

まとめ

 一部、ファイルのミスがあったものの、きれいにシワが入っていて、結構いい感じの仕上がりと言えるだろう。デザインやテクスチャの色遣いもしっかりしていて、そこそこおすすめである。


  Sexy Officer Suit

 Victoria4 / Aiko4 用の、セクシー将校スーツ。

 黒系と白系テクスチャが付属している。


 

関連:
シンプルボブカット FOXY Hair
Aiko 4 Baseフィギュア
$1.99のハイヒール・ブーツセット V4 Shoe Pack 2
Victoria4 紹介
フルボディモーフでデブキャラやせキャラを作る

次の都会の闇狩人 Shadow Dancer for V4 へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > V4/A4 もくじ