DAZ STUDIOでフィギュアに服と髪をつける - Poser覚書
Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO

DAZ STUDIOでフィギュアに服と髪をつける

 DAZ STUDIOで、まずは基本的な操作をしてみたい。

 フィギュアを呼び出し、服を着せて髪の毛を生やしてみよう。ちなみにDAZ|STUDIOでは、「ダイナミックヘア」と「ダイナミッククロス」は扱えない。従って髪の毛は、「小道具型」の髪の毛限定である。

 まずは、DAZ|STUDIOを起動。


▲起動画面

 本体と一緒にダウンロードできる、「DAZ|Studio Base Content ALL(PC)」(付属のフィギュアなど)をインストールしておくと、妖精ととんぼのフィギュアが使えるようになってるはずだ。

 妖精の正体はVictoria3と呼ばれるDAZを代表する女性フィギュアである。V3 RR LEという、低解像度(Reduced Resolution)ライトエディション(Light Edition)、つまり、オマケっぽいフィギュアだ。

 さて、そのV3を呼び出そう。画面左のcontentから、Studio>People>Victoriaを選ぼう。ダブルクリックすると階層の下のほうに進んでいける。ひらたく書くと、「Studio」をダブルクリックして、次に出てきた、「People」をダブルクリックして、さらに出てきた「Victoria」をクリックするということである。

 そうすっと、その下にハゲた裸のマネキンみたいなの(これがV3だ)が出てくるので、そいつをダブルクリックする。

 乳首のない、外人体型の女性が現れ、何故か背景が白くなる。何故白くなるのかはよくわからない。

 
Victoria3 RR LE を呼び出す。

 同じ要領で、Studio>People>Victoria>Clothing>Faerie outfitの妖精の服の絵をダブルクリック。


▲妖精の服の絵を呼び出す

 一見、服を着ているようで、実はポーズを変えると服が連動せず、置き去りになってしまう。服は「着せる」という操作をしないと人間と連動しないのだ。冗談のようだが本当だ。これはPoserと同じ。

 着せ方は、服の上で右クリックし、出てきたメニューから「Fit to」(着せるという意味らしい)を選ぶ。(服をダブルクリックしてparametersの中に出てくる「Fit to」でも出来る)

 
▲服を右クリックして出てきたメニューから「Fit To」を選ぶ

 どれに着せるかを選ぶ画面が出るので、「Victoria 3 RR LE」を選ぼう。これで、見た目は全く変わっていないが「服を着た」状態になったのである。

 
▲着せる対象を選ぶ

 次に髪の毛を生やそう。生やすというよりは、小道具型のカツラのような髪の毛をすぽっとかぶせるだけである。服を呼び出したときと同じ要領で、Studio>People>Victoria>Clothing>Hairを選び、出てきた顔をダブルクリック。すると、髪の毛をかぶせることが出来る。

 だが、またしても服のときと同じ落とし穴があり、この状態でポーズを変えるとなんと髪の毛が脱げてしまう。大変だ。しかし、髪の毛は服と扱いが違うので「Fit To」というメニューは出てこない。体と連動させるためには、人体の「頭」を髪の毛の「親」に指定するのだ。

 やり方は、髪の毛の上で右クリックして、「Change Parent」を選ぶ。「親を変更」という意味だ。すると、どれを親にするかを選ぶ画面が出てくる。Victoria3 RR LEのHeadをクリックし、「Set Parent」ボタンをクリック。これでもう、髪の毛が脱げたりすることはないのだ。


▲髪の毛の上で右クリックし、Change Parentを選ぶ


▲親を選ぶ

 ポーズを適用してみよう。Studio>People>Victoria>Poses>Faerieを選び、好きなポーズの絵をダブルクリックする。



 小道具を手に持たせたい場合は、髪の毛の時と同じように、「親」を右手に指定したりするとポーズに連動して動く。最初の、十字架に貼り付けられているようなポーズに戻したい場合は、「parameters」の横のボタンから、Zero>Zero Figure Poseを選ぶと、元のポーズに戻る。ポーズをつけたけど服や髪の毛が連動してなくてしまった!というときに使うといいだろう。


▲parametersの右横のボタンをクリックし…


▲Zero>Zero Figure Poseを選ぶと最初のポーズに戻る

 parametersなんて出てないぞ?という場合は、画面上のWindowsから、Parametersを選ぶと出てくる。


▲Windows>parametersを選ぶ

関連:
DAZ3D3Dに無料登録してみる
DAZ STUDIOでフィギュアに服と髪をつける
なんと無料でゲットできる、美しい外国人女性フィギュア Victoria3.0

次のDAZ STUDIOでポーズをつけるへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO もくじ