DAZ STUDIOでポーズをつける - Poser覚書
Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO

DAZ STUDIOでポーズをつける

 DAZ STUDIOで、手動でポーズをつける覚書。

 DAZ STUDIOはデフォルトの状態だと、体の部位ごとにちまちま動かす必要があり、求めるポーズにたどりつくには結構な手間がかかる。しかし、プラグインの「Power Pose」をインストールしておくと、人形を手でいじってるかのような感覚でポーズをビシッバシッと決めることが出来るのだ。(追記:バージョン1.3から、Poser Poseが標準装備になったようである)

 とまあ、それはちょっといいすぎかも知れないが、DAZ STUDIOが軽いせいもあって、非常にさくさくとポーズを決めていけるのだ。まさに、人形遊び感覚である。

 では、具体的なやりかた。

 まずは、DAZ|STUDIOを起動。


▲起動画面

 次にフィギュアを呼び出す。服を着せたり髪の毛をつけたりとかは各自でやってほしい。(参照:DAZ STUDIOでフィギュアに服と髪をつける


▲フィギュアを呼び出す

 次に、画面の上の方に並んでいるアイコンに注目。中に、漫画に出てくる骨のようなアイコンがあるはずだ。実はこれが、「Power Pose」を有効にするアイコンなのである。起動直後は、Poser Pose機能は有効になっていない。このアイコンをクリックして初めて動作するわけだ。


▲骨のようなアイコン

 さて、フィギュアの腕などをクリックしたままマウスを動かして(ドラッグするということだ)みよう。フィギュアが四角の物体に化け、腕に連動して上半身だとか頭だとかが動く。

 体の一部をひっぱりまわすと、他の部分が無理のない体勢になるよう、連動して動くのだ。これにより、手足や体、頭なんかをめちゃめちゃに動かしても、それなりに無理のない姿勢が出来上がる。

 これで大体のポーズをさくさくっと決めていくわけだ。ちなみにこれは、Poserが当たり前のように持っている機能だが、こんなに軽やかに動かないので楽しくなる。


▲ポーズ変更画面

 そして優れものなのが「ピンでとめる」機能。動いてほしくないところをピンでとめて固定できるのだ。やり方は、ピンでとめたいところをクリックして選択状態にしてから、「Tool」の「Toggle Pins」をクリックする。赤い画鋲みたいなのが表示されて、その部分は固定される。

 Toolなんて出てないぞという人は、画面上のView→Tabs→Toolを選択すれば出てくるはずだ。


▲顔がピンでとめられた状態 


▲toolが出てないときは、View→Tabs→Toolを選択

 試しに、体を適当に動かしてみよう。

 
▲体の位置は変わっても頭の位置はそのまま


▲どんなに動かしても頭の位置はそのまま

 toolには、他にも色々パラメータがあるが、よくわからない。とりあえず、ピンの機能は便利だってことでいいんじゃないだろうか。大雑把なポーズが出来たら、Power Poseを無効(もう一度骨のアイコンをクリック)にして、微調整を行うと効率がよさそうだ。

関連:
DAZ3D3Dに無料登録してみる
DAZ STUDIOをインストール
DAZ STUDIOでフィギュアに服と髪をつける
DAZ STUDIOでポーズをつける

次のDAZ STUDIOでMikiを読み込むへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO もくじ