DAZ STUDIOからPoserライブラリを呼び出す - Poser覚書
Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO

DAZ STUDIOからPoserライブラリを呼び出す

 以前、同じ内容をどこかに書いた気がするのだが、改めてDAZ STUDIO最新版(1.3.1.0)から、Poserライブラリを呼び出すやり方を書いておこう。

まず、DAZ STUDIOを立ち上げる。

 画面上部のメニューから、Edit→Preferencesを選択する。設定画面(Preferences)が出てくる。

 Preferencesの「Directories」(ディレクトリ、つまりフォルダの意味)タブをクリックする。



 「DAZ|Studio Content Directories」と書かれているボタンをクリック。メニューが出てくるので、さらに「Poser Content Directories」をクリックする。

 Addボタンをクリック

 「フォルダの指定」ウインドウが出てくる。

 以下のフォルダを選択して、OKをクリック。

 C:\Program Files\Curious Labs\Poser 6J

 Preferences画面のAcceptをクリック。「Automatically Refresh Content Folders」にチェックをつけておくと、Poserのライブラリに新しいフィギュアなどを追加した場合、DAZ STUDIO側でも自動的に使えるようになる。特に理由がなければチェックをつけておけばいいだろう。

 画面左下の「Content」から、Poserライブラリが呼び出せるようになった。お疲れ様なのである。


▲Poserライブラリから呼び出せた!

関連:
DAZ3D3Dに無料登録してみる
DAZ STUDIOをインストール
DAZ STUDIOからPoserライブラリを呼び出す

次のポーズ機能強化されたDAZ STUDIO 1.7リリースへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO もくじ