DAZ STUDIO1.7のPuppeteerの使い方がなんとなくわかるムービー - Poser覚書
Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO

DAZ STUDIO1.7のPuppeteerの使い方がなんとなくわかるムービー

 DAZ STUDIO1.7に搭載されている、Puppetter(パペッター)。

 複数のポーズを記憶させ、マウスの動きに連動したアニメを作るという見たことのない仕組みだ。すごそうなのだが、いまいち使い方がわからなかった。しかし、わかりやすい感じのムービーをYouTubeで発見。

 

 こまかい手順などはこれではわからないが、「ああ!こうやって使うのか!」ということがよくわかるムービー。マウスさばき次第ではなかなかいい動きが作れるんじゃないかと思う。
関連:
DAZ STUDIOをインストール

次のプラグイン Render Editorへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO もくじ