リアルなバイク Road Eagle - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般

リアルなバイク Road Eagle

  Renderosity にて、リアルなバイクRoad Eagleをゲット。


▲モデルは、 Michael4 。髪は、 Jai Hair 、 服は、 M4 Suit Set

 Poser用のリアルなバイクって、あまり見かけない気がする。現実にあるどっかのメーカーのバイクをそのまんまモデリングしたら問題ありそうだし、かといって想像で作るには複雑すぎるというのが理由なんだろうか。わからないが。

 私はバイクに乗らないので、このバイクが本当にリアルかどうかはわからないが、まあ、私のような素人がリアルだなあ、と思う程度にはリアルに出来ている。車輪もまわるし、ハンドルも左右に動かすことができ、Poserフィギュアとしての仕掛けも一通り揃っていて、なかなか使いやすそうだ。

付属物

  • フィギュア > Pretty3D>Vehicles
    • バイク本体
  • ポーズ >Pretty3D>Road Eagle>Poses
    • バイクをデフォルト状態に戻すポーズ
    • 後部座席用の足を置くバーを倒すポーズ
    • 駐車用スタンドを立てるポーズ
    •  Victoria4 用運転席のポーズ
    •  Victoria4 用後部座席のポーズ
  • ポーズ >Pretty3D>Road Eagle>Materials
    • デフォルトカラーに戻すポーズ
    • 車体色を黒、青、グレー、オレンジに変更するMATポーズ
    • ナンバープレートのテクスチャ張り替え用MATポーズ 3種

 フィギュアから見ていこう。

 フィギュア自体は、以下のようなパーツで構成されている。

 
▲バイクのパーツ構成

 このうち、Baseというのがフレーム部分で、パラメータ「Turn」「Side-Side]「Up-Down」を変化させることで、ウイリーさせたり、バイク全体を左右に倒したり、方向転換したり、といったバイクらしい動きが割と簡単に再現できるようになっている。


▲若干ウイリーさせて、バイクを横に倒した例

 なお、人間フィギュアをバイクの動きに追随させるには、ちょっとした設定が必要だ。

フィギュアをバイクにペアレントする方法

  1. 人間フィギュアを選択
  2. 画面上部メニューから、Figure→Set Figure Parentを選択
  3. バイクの「Base」を選択して、OKをクリック

さらに、ハンドルの左右の曲げにフィギュアの手を追随させるには、さらに以下の設定が必要。

  1. 画面上部メニューから、Figure→Use Inverse Kinematicsで、人間フィギュアの両手(RightArm、LeftArm)をインバースキネマティクスオンにする。
  2. 人間フィギュアの右手を選択し、画面上部メニューから、Object→ChangeParentを選択
  3. SteeringWheel(ハンドル)を選択してOKをクリック。これで、右手がハンドルにペアレントする
  4. 同様に、左手もハンドルにペアレントする。

 ただし、手首の角度によっては、ペアレントした瞬間妙な曲がり方をしてしまう。これはまあ、注意しようがないのだが注意しよう。

 続いてポーズ。

 「Rear Front Pegs」というのは、後部座席に座っている人がよっこいしょ、と足を乗せるためのバーのようだ。パラメータを操作しても動かすことができるが、親切にポーズが用意されているということである。Parkedも同様に駐輪スタンドがカッと立つポーズだ。

 運転手には、 Victoria4 を想定しているのか、Victoria4用のポーズが付属。運転席用(V4 Sitting Pose)と、後部座席用(V4 Rear Sitting Pose)が用意されている。うむ、こういうのがついていると、とりあえずありがたい。


Victoria4と二人乗り。 Victoria4 の髪は、 Radiant Jaguar Hair 、服は Mini Dress A4/V4

 そして、もうひとつ、テクスチャ・色張り替え用ポーズ。

 車体の色を変えるポーズに、プレートナンバーのテクスチャを張り替えるポーズが付属。これを日本風の「わ」ナンバーとかに差し替えて、あいつレンタカーだと後ろ指さされる図を作るのも面白いかも知れない。

まとめ

 特におまけ的要素はないが、この値段にしては良くできていると思う。どっかのモデリングデータをコンバートしただけ、みたいな感じじゃなくて、ちゃんとPoserを使いこんだ人が作ったフィギュアなのだ。Poserは、車輪などの回転するパーツがとても苦手っぽいのだが、前輪が多少ガタつく他はだいぶがんばっていると思う。

 そこそこおすすめのバイクと言えるだろう。


  Road Eagle

 バイクフィギュア。人間フィギュア用のポーズ(運転席用と後部座席用)が付属。車輪、ハンドルがきちんと可動する。


 

関連:
ゴツいスーツセット M4 Suit Set
Renderosityに会員登録してみる
シンプルな短髪 Jai Hair
Michael4 Base紹介
セクシードレス Mini Dress A4/V4
V4用サラサラヘア Radiant Jaguar Hair for V4
定番女性Poserフィギュア Victoria4.2紹介
Victoria4 紹介

次のPoserWorldのコンテンツDVDへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > フィギュア全般 もくじ