DAZ STUDIO用Dynamic Clothプラグインを使ってみる - Poser覚書
Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO

DAZ STUDIO用Dynamic Clothプラグインを使ってみる

  DAZ STUDIO 用のDynamic Cloth(ダイナミッククロス)プラグインを使ってみた。


Centry Nightgown 。髪は、Glamour Hair

 ダイナミッククロスというのは、ポーズに合わせて、本物の布のようにふんわりと曲がってくれる、という機能。Poser7にはもともとダイナミッククロス機能が備わっていたが、このたび、DAZ STUDIOにも搭載されたというわけだ。

 DAZ STUDIOには、ダイナミッククロスの基本機能部分が無料で付属していて、拡張部分は別売りという感じになっている。

ざっくりした使い方

 DAZ STUDIOのダイナミッククロス対応服を着せて、ダイナミッククロス計算をさせれば服がドレープ(布などがたるむこと?)するという感じ。

 まずは、フィギュアを呼び出し、ダイナミッククロス対応服を着せる

 ちょっと無理目なポーズをさせると、服はびよーんとおかしなふうに変形する。まあ、これは通常のコンフォーム服ならばある程度はしょうがないところ。

画面上部のメニューから、View→Tabs→Dynamic Clothingを選択

 Dynamic Clothingパネルが表示される。

 Collide With...をクリック

 衝突対象を選択するパネルが出てくる。衝突対象が少ない方が計算が速く終わるので、余計なものからはチェックを外しておこう。なお、髪の毛や指先などの、細くとがったものはなかなかうまく計算できないようなので、衝突対象から外しておいたほうが無難だ。

 衝突対象にのみチェックを入れ、Acceptをクリック


▲今回はとりあえず、髪を衝突対象から外した

Cloth actions affect(適用対象)をAll Cloth on Figure(フィギュアに着用している服全て)を選択
Drapeをクリック

 しばらく時間がかかり、服がじわじわとフィットしてくる。

ダイナミッククロスの性能

 Poser7のダイナミッククロスと比べると、比較的布っぽく変形してくれて、複雑なポーズをさせても服がおきざりになったりしない。

 これは、コンフォーム服(通常のPoser服)の一部をダイナミッククロス化しているような構造のためだ。シワのでき方もリアルで、仕上がりはなかなかいいのだが、残念な点もある。

  • シミュレーションに時間がかかる
  • ダイナミッククロスを手軽に作ることができない

 時間がかかる、というのは感覚的なものなので、Poser7のダイナミッククロスと比べてもそれほど遅いわけではない。しかし、プレビュー的にシミュレーション結果を見たいなあ、というときに少々時間がかかりすぎる気がするのだ。

 また、Poser7では、平面などを手軽にダイナミッククロス化することができるが、DAZ STUDIOプラグイン現在、オリジナル服などをダイナミッククロス化することはできない。ダイナミッククロス制作ツールは現在開発中とのことだ。

参考)F.A.Q for Dynamic Clothing in DAZ STUDIO DAZフォーラム(英語)

 ダイナミッククロスのポリゴン具合を見てみると、なぜか三角形に分割されていた。この服がたまたま、なのか、ダイナミックにするなら三角ポリゴンにしなきゃいけないのかはわからない。

 現在、Windows版のみとのことだ。

有償プラグイン Dynamic Clothing Control

 基本部分はDAZ STUDIOに無料でついてくる。これで、ダイナミッククロス計算と、各パーツのダイナミッククロスパラメータを調整できる。で、有償プラグインのDynamic Clothing Controlでは何ができるのか?

 重力の変更、風の追加

 重力はパラメータをちょちょいといじって、Drapeボタンをクリックすると布のたるみ具合が変わってくる。アニメーションするときなんかに、ひらひら具合が変えられたりして有効なんじゃないだろうか。Cloth Windは、クリックでシーン内にWindという扇風機ぽいのが現れ、向いている方向に風が吹く。


▲扇風機っぽいWindの向きに風が吹く。風の強さは、WINDのパラメータ「Velosity」で調整可能

 また、Preferencesパネルでは、シミュレーション時の細かいパラメータを調整できる。シミュレーションがうまくいかないときにいじったりするんだろうと思う。

 あとは、服のダイナミッククロスパラメータを保存できるとかあるのだが、これだけで定価約$50って高すぎるような気がする。それとも、私が思いもよらないような便利な使い方があるんだろうか。謎である。

 とりあえず、30日間無料で試用できる、ということを購入してから気づいたのでリンクを張っておこう。

 Dynamic Clothing Controlの試用版 http://freedownloads.daz3d.com/9032_1_ds_DynamicClothingControl.exe

 購入後、シリアル番号入力でそのまま使えるような気もする。

チュートリアルリンクなど

まとめ

 ダイナミッククロスの精度は、Poser7と比べてかなりよさそうだが、使い勝手は良いとは言えない感じ。とりあえずは、ダイナミッククロス制作ツールのリリースを待ちたいと思う。

関連:
DAZ3D3Dに無料登録してみる
DAZ STUDIOをインストール
DAZ STUDIO用Dynamic Clothプラグインを使ってみる

次のDAZ STUDIO3 Advanced リリースへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO もくじ