pwToonのアニメ影の色を調整する - Poser覚書
Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO

pwToonのアニメ影の色を調整する

 DAZ STUDIOの pwToon (Snazzy Toon)を使うと、なぜか影の部分が黒っぽくなる。

 今回は、この影の色を調整する方法を覚書してみたい。


▲左がデフォルト状態、右が影の色を調整したもの( フィギュアは アニメドール

やり方

 まずは、フィギュアを呼び出し、Snazzy Toonを適用しておこう。(参考: DAZ Studio用のトゥーンシェイダー pwToonを試す - Poser覚書 )


pwToon のSnazzy Toonを適用。レンダリングしてみると、まだ影は黒っぽい

 対象フィギュアをクリックして、選択状態にする。
 Surfacesパネルからマテリアル(ここではSkinHead)を選択
 Advancedパネルの「Shading Color」の色を「濃い肌色」に変更

 なお、色の変更は下の図のように「数字と数字のちょうど真ん中らへん」をクリックすると、色選択ウインドウが出てくるので、そこで行おう。数字部分をドラッグしたり、右クリックして直接数字入力してもOKだ。

 今回は、肌以外に、白ブラウスの色も若干明るくなるようにいじってみた。詳しくはよくわからないが、Diffuse ColorとShading Colorを同系統の色にするとなじむような気がする。


▲できあがり

関連:
DAZ STUDIO用のトゥーンシェイダー pwToonを試す
DAZ STUDIOをインストール
アニメドール 紹介
アニメドール 紹介

次のDAZ STUDIO でV4 Eliteをレンダリングへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO もくじ